1. まとめトップ

これから本番!ダウンジャケットトレンドコーデ指南!30代大人メンズ必見!

ヘビーアウターの王様のダウンジャケットのトレンドコーデをまとめてみました!30代大人メンズのためのダウンジャケットの着こなしまとめです!

更新日: 2017年12月25日

4 お気に入り 13889 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

penguin0719さん

30代大人メンズのダウンジャケットの着こなしとは?
どんなコーデがスタイリッシュ?

ハイスペックなダウンジャケットを1枚で、さらっと、着ていただくだけでも、勿論スタイリッシュなのですが、ファッショニスタ揃いのliter読者の皆さんは、それではつまらない!30代大人メンズの皆さんにお勧めのダウンジャケットの着こなしは、ギャップです。つまり、意外な組み合わせがかなり、スタイリッシュです。例えばテーラードジャケットやスーツの上にダウンジャケットを羽織る着こなしは、アダルトでスタイリッシュです。

ライダースの上にダウンジャケットを羽織る着こなしもワイルドでお勧めです。真冬のライダースジャケットは正直寒い。でも、ライダースはTシャツの上に羽織りたい!とお考えの諸兄も、少なくはないかと思います。そんな時は、ダウンジャケットを羽織れば問題なしです!保温性は勿論、意外性もプラスされます!

かなりお勧めのダウンジャケットの着こなしは、Tシャツの上にそのまま羽織るスタイル。Tシャツとダウンジャケットのメリハリのコントラストと意外性がかなりスタイリッシュです。実は、スタイリストや、ファッションエディターの間では、割と当たり前の着こなしです。ダウンジャケットのインナーは薄着の方が断然スタイリッシュです。そして薄着の方が、ダウンジャケットは保温性が高くなることは、科学的にも立証済みです!

ダウンジャケット×ブラックデニムジャケット
黒のジージャンの上にダウンジャケットを肩掛けした粋な着こなし

ペイント加工を施した、タフなデニムジャケットの上に肩掛けした、ダウンジャケットが粋です。細かな迷彩パターンのダウンジャケットが、ダークトーンで統一した着こなしに映えます。黒のシンプルなボトムは、ハイカットスニーカーにイン。タフでスタイリッシュなダウンジャケットコーデです。

ダウンジャケット×黒スキニー
オーバーサイズのダウンジャケットにタイトなスキニーパンツのバランスが絶妙

オーバーサイズのダウンジャケットは、羽織るだけでスタイリッシュです。かなりボリューム感のある、ダウンジャケットには、タイトな黒のスキニーパンツがよく似合う。スポーティーで、レトロな雰囲気が漂うダウンジャケットに、上質なカシミアマフラーのコントラストが、素敵です!白ソックスと、スタンスミスの足元もヤバイ!

ダウンジャケット×タイトデニム
ボリューム感のあるダウンジャケットにタイトなデニムのバランスが絶妙

ラグジュアリーダウンジャケットのインナーにはTシャツが似合う!モンクレールのダウンジャケットにタイトなブルーデニム。そしてインナーは白ベースのプリントTシャツ。セレブ感漂う着こなしは、30代大人メンズもかなりお勧めです。足元に選んだラバーソールも今季らしい!

ダウンジャケット×スウェットパンツ
フライトジャケットタイプのダウンジャケットにタイトなスウェットパンツがcool

フライトジャケットタイプの、ショート丈のダウンジャケットに、タイトなスウェットパンツを合わせた、粋なスタイリングです。インナーはミリタリーシャツ。シューズは、白のレザースニーカーをピックアップ。ハードで精悍なダウンジャケットコーデは、30代大人メンズに似合う。

オンオフ兼用アウターの本命!ミドル丈ダウンジャケット
ピレネックスの「ANNECY JACKET」を人気セレクトショップであるUNITED ARROWSが別注したダウンジャケット。通常モデルで採用しているトリコロールカラーのロゴをあえて目立たないブラックにすることで、より洗練された大人の雰囲気を醸し出している。シンプルなデザインに仕上がっているため、ジーンズを取り入れたカジュアルなジャケパンスタイルにはもちろん、ビジネススタイルでも活躍が期待できる。シックなコーディネートに華やかさをプラスしているフード周りのファーはデタッチャブル仕様のため、取り外してとことんシックにまとめるのもアリだ。

人気ステンカラーコートモデルに機能性をプラス!フード&襟付きのダウンコートスタイル
トラディショナルウェザーウェアが展開している「DERBY HOOD DOWN」といえば、人気モデルのフード付きステンカラーコート「DERBY HOOD」をダウンで表現したモデルだ。ベースがステンカラーコートのため、スーツやジャケットなどのドレスアイテムを組み合わせたスタイリングにもすんなりと馴染む。タイドアップシャツを合わせてドレッシーに着こなすのもアリだが、ジャージージャケットとカットソーを組み合わせたリラックス感のあるカジュアルジャケパンスタイルに合わせてこなれ感を演出するのもまた一興だ。

さりげない色使いが魅力のトーンオントーンスタイル
人気セレクトショップであるエディフィスが別注した、ウールリッチの定番ダウンジャケット「NEW ARCTIC PARKA」。通常モデルはボタンや裏地にコントラストのきいたベージュを採用しているが、それらをすべてネイビーに変更することでエレガントな表情に。グラデーションになるよう濃さに差をつけたネイビーパンツとのトーンオントーンスタイルも、より統一感のある仕上がりになっている。ダークトーンをメインにした着こなしに合わせて、ブラックのレザーシューズで引き締めるのもアリだが、ネイビーと相性の良いブラウンのレザーシューズをチョイスしてこなれ感を演出するのも◎

干場編集長が気に入ったのは、こちらのファー付きダウンコート。スーツの上にもピッタリ合うシンプルなデザインが大人っぽいですよね。丈も長いから足元まで暖かいんです。私もこれ着てみたんですけど、めちゃくちゃ軽くて思わず気絶しました! やっぱりモンクレールは冬の王者だな〜。

ダウンJKTはこのようにミリタリーと組み合わせたような形状の物も作られています。

ダウンの保温性と、ミリタリーの武骨でファッション性がある点を合わせたアイテム。

ボトムスをスウェット素材の物にしてもオシャレの形としてしっかり成り立ちます。

ラフでゆるさのある着こなしも人気です。

THE NORTH FACEのアウターは10代の若者から40代まで幅広く使われている老若男女に愛されるアイテムですね。

シンプルな着こなしでもこの1枚でコーディネートが完成しています。

池田さんはシンプルなコーディネートが定番です。シンプルなのにおしゃれに見えるのは、モノトーンでシックにまとめているから。さらに、ダウンジャケットの美麗なシルエットも生かしています。

「スマートなシルエットのウールカグラジャケットを主役に、ほかのアイテムはシンプルにまとめました。重ね着があまり好きではないので、インナーはニットやカットソー1枚だけ。だからこそ、レイヤードしなくても暖かいダウンジャケットは助かります」

撮影した際の杉本さんは、レザージャケットの上にカグラベストを重ねたスタイル。レイヤードしやすいダウンベストの特徴を最大限に生かしつつ、クールに大人っぽくまとめた着こなしが印象的です。

「レザージャケットが好きでいつも着ているので、その上にカグラベストを合わせることが多いです。レザーのハードな印象を軽快なダウンベストで和らげました。普段からモノトーンでシックにまとめることが多いのですが、今日もそう。インナー以外をブラックで統一して引き締まった印象に仕上げています」

1 2