1. まとめトップ

実は仕事も影響する!? ハゲやすい職業とハゲにくい職業とは

その会社の環境にもよりますので一概には言えませんが、統計としてハゲやすい・ハゲにくい職業があるそうです。

更新日: 2017年12月25日

3 お気に入り 1475 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ennmxdcssさん

ハゲやすい職業

激務で有名な電通などもこのジャンルになりますね。

20代~50代、400人の男性を対象にした「薄毛と仕事に関する意識調査」については、企画、マーケティング職に就いている男性の薄毛率が高いという結果になりました。 企画、マーケティングは66.7%に数値になっています。

企画、マーケティング職はどこかおしゃれなイメージで、かつ最先端な感じがしなくもないので、常に人気の職種だ。特に若手からの支持が高い。しかし、実はとても繊細な業務内容で、周囲との折衝も要するのでつねに胃が痛いという声もある。
要はとてもストレスの溜まるお仕事なのである。

ノルマに追われたり合わない人には過度なストレス。
合う人にとっても飲み会などが重要になるので薄毛要素は多いです。

とにかく対人スキルが要求される職業。付き合いの飲み会、外回りが多いためストレスが大きくかかってくるのはもちろん、生活習慣が不規則になりがちな傾向にある。

「営業」(56.7%)もそうだが、実は営業は息抜きしやすい。売上さえあげていれば自由になる時間も多い。ただし付き合いの飲み会や外回りの仕事が多いため、薄毛の不安とは隣あわせだ。

IT系と言うと広いですがエンジニア関係などの深夜作業に及ぶ部署が主に危険。

IT系でもシステム運用などの職種の場合、勤務体系がとても不規則なケースがあります。24時間稼働し続けるシステムの場合、夜勤が多いだけでなく、急に会社から呼び出しを食らうこともあります。
このため、夜に眠ることができず、精神だけでなく頭皮にも多大なるダメージを与えるのです。

座りっぱなしの姿勢を長時間続けるのに加えてPCモニターを長時間見る事で目を酷使します。
これにより慢性的な眼精疲労、肩こり、首こりで頭皮の血流れが悪くなり、薄毛の原因となります。
また技術や情報の移り変わりも早く、新しい事を柔軟に覚える必要があります。
仕事が遅い人は残業を家に持ち帰り、休みの日に寝だめをしてまた出勤と頭皮が安らぐ時間がありません。

ハゲにくい職業

過剰に忙しい会社は除きますが、事務系は比較的ハゲにくい環境と言えます。
ただし、座りっぱなしはNG!

営業など外出がメインの方を除き、紫外線を浴びる機会が少なく、書類整理や電話対応などが中心のパソコンモニタで目を酷使しない事務作業はハゲにくいです。
もちろんサービス残業、パワハラのブラック企業の会社を除きます。定時に帰宅できて休憩時間、お給料もしっかりもらえて優しい同僚や上司がいるホワイト企業であればある程ハゲにくくなります。

社内の人との業務がメインの事務系職業の人は「同じ会社の仲間」ということで対人ストレスが比較的少ない業なのでしょうか?残業が比較的少ないとか、そういったことがあるのかも。

出世したいという人はハゲやすいというデータがあるそうです。
軽作業であれば環境的にはそういった欲求を出せる状況とはいい難いです。

屋内の清掃員は一般的に薄毛になりづらいと言えるでしょう。環境ストレスがほとんどなく、個人での作業になるので対人関係ストレスもありません。
更に早朝勤務が多い事で生活習慣が乱れることもありません。
ホワイト企業であれば従業員のモラルが良く、トイレやその他も汚さずに綺麗に使ってくれる場合が多いです。薄毛にとっては理想的な環境と言えるでしょう。

秋になると抜け毛が増える原因は、アウトドアレジャーやスポーツなど外で活動する事が増えて、夏の強い紫外線を頭皮に直接受けている事が原因なんです。
夏の強い紫外線を頭皮にたくさん浴びる = 抜け毛が増える
だから秋になると「抜け毛が急に増えた」「このままじゃハゲるんじゃないか」と焦る方が沢山いるようです。

1