スマホが劣化…!?Appleの公式発表に激震が走ってる

Appleからスマホに関する衝撃的な情報が…その内容に、多くの人が動揺しています。

更新日: 2017年12月25日

74 お気に入り 263596 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

あのウワサの真相が明らかに

旧機種の動作を故意に遅くしているのではないか

このような口コミが増えるにつれて、クレームを受けることが多くなっていたApple。

iPhone久しくアプデしてなかったからしてみたんだけど動作遅いしなんか、インスタ落ちるし(・Д・)なにこれ? pic.twitter.com/IrqyIzZqQJ

バッテリーの劣化による不意のシャットダウンを防ぐため、Appleが古いiPhoneの性能を意図的に下げていた

「iPhone 6」「iPhone 6s」「iPhone SE」そして最近は「iPhone 7」がその対象に。

施策を始めたのは1年前。その目的は消費者にスマートホンの買い替えを促すことではなく、バッテリーの劣化に対応することだという

事実を認めたことで、多くの反発が

iPhoneの新モデルが出る時期に合わせて、古くなったiPhoneのパフォーマンスを勝手に落とされたのは不当だと、厳しくAppleを非難

不満を募らせるユーザーが続々と…

バッテリーの劣化による不意のシャットダウンを防ぐため、Appleが古いiPhoneの性能を意図的に下げていた問題はAppleへの集団訴訟へと発展

問題とされているのは、やはり「ユーザーに対して黙って実施していた」という点

問題点として「消費者保護法に違反している」、「性能を下げることに合意していない」などが挙げられている。

今後登場するiPhoneにおいてもバッテリーの劣化具合に応じてピーク性能が制限されるという事実は、iPhone購入時に考慮しておくべき情報であることは間違いなさそうです

1