1. まとめトップ

【検索しても】あの方以外のあの方【コナンばっか】

「あの方」と表現されるキャラがどうしても思い出せないが、自分が探している「あの方」はコナンじゃないのは分かっている。でも、検索結果はコナンばかり。そんな状況になった時の為の「あの方」リストです。

更新日: 2017年12月27日

1 お気に入り 3423 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

不意に「あのお方」という表現をされていたのが誰だったか気になって検索した時のこと。「あのお方」で検索して出てきたのはコナンばかりという衝撃を受けました。自分が探している「あの方」はコナンじゃないのは分かっている。でも、検索結果はコナンばかり。そんな状況になった時の為のあの方リストです。

beta01さん

名探偵コナンの「あの方」以外の「あの方」リストを作ろうとした結果

ブラッククローバーは魔法帝を目指す少年の物語です。そんなブラックローバーに出てくるのが、『白夜の魔眼』関連でたびたび話題に上がる「あの方」。どうやら封印されているらしく、その封印を解くために、『白夜の魔眼』メンバー達は魔石を探し求めているようです。
現時点で正体は不明。

作中の『ゆりかご』と呼ばれる、表向きは核廃棄物処理施設を装った、巨大生物の主食となる人間を養殖する施設の主的存在。

地球温暖化問題がかなり進んでいる作中にて、問題解決の鍵を握る存在であるらしい。

こちらはハリー・ポッターの最大最強の敵、ヴォルデモート。「あの方」というわけではないですが・・・。
英国魔法界を混乱に陥れたため、多くの魔法使いは恐怖のあまり「ヴォルデモート」の名を口に出すことさえ恐れるようになった。
そこから「名前を言ってはいけないあの人」とか「例のあの人」と呼ばれるようになった。

SDガンダム外伝ラクロアの勇者編のラスボス「ブラックドラゴン」のことですね。ちなみに画像は「戦士ザク」。石板とか三種の神器とか、当時の小学生には熱い展開てんこ盛りでした。

太平記を題材にした章に登場する「愛宕の太郎坊天狗」。老僧として登場し、北朝の天皇を批判する役回りとして描かれています。
愛宕の太郎坊天狗はWikipediaによると「京都の愛宕山に祀られる天狗。栄術太郎とも呼ばれ、多くの眷族を従える日本一の大天狗とされている。全国代表四十八天狗及び八天狗の一。」らしいです。

意外と「あの方」が見つからない

自分の記憶の中では「あの方」と作中で呼ばれていた人物が多かったと思うんですが、それにしても意外と「あの方」でヒットしません。ラスボスの正体を伏せている様な作品でよく見かけた表現だとおもったのですが。それとも自分の記憶の欠如か。

というよりも「あの方」で検索すると、圧倒的に名探偵コナンの「あの方」がヒットするのも原因かと思うのですがいかがでしょうか。一応2017年12月頭の段階で「あの方=烏丸蓮耶」ということが判明しています。

それにしても、検索結果は烏丸さんのことばかりです。

そこで、「名前を呼ばれない」という路線に変更します!!

ご存知の人も多いだろうと思われる、旧約聖書の四文字の神様です。
モーゼの十戒にも「神の名をみだりに唱えてはならない」とあり、解釈は様々ですが、聖書の内容を紐解くと、これは軽々しく「神に誓って」などという用い方をしてはいけないと戒めているものかと思います。
絶対に名前を呼んではいけないと言われると、違う気もします。

平安時代の貴族達は本名で呼び合うということをしなかったようです。では、なんと呼んでいたのか。
男性の場合は基本的に自分が就いている「官位」で呼ばれていたそうです。ちなみに、天皇や上皇の場合は役職で呼ぶことが失礼にあたるようで「朱雀院」など居住している場所の名前で呼ばれたりしていたようです。
女性の場合も、両親の役職名に「女」などがつけられて呼ばれることが多かったとか。

朗読すると死んでしまう詩という都市伝説で知られる「トミノの地獄」という作品。1919年に出版された、詩人の西條八十による詩集「砂金」に収められています。
この詩には、2004年頃からインターネット上を中心として「朗読すると死んでしまう」という噂が囁かれてきました。
内容はと言いますと、象徴的で意味深な言葉が並びたてられた、なんとなく不安を感じるような不思議な感じのものです。
興味のある方は是非、一度、見てみてください。
くれぐれも声に出して読んではいけませんよ。

ここからは、名前が出てこない「あれ」です。

ほとんどの方がご存知の食パンなどの袋についている「あれ」ですね。こいつの名前は「バッグ・クロージャー」と言います。米国で特許を取られているようです。
よく目にするが名前が分からないものの代表的な例として挙げられることがあり、名前を知らない人からは「パンの袋をとめるアレ」「食パンの袋を留めるアレ」「食パン袋のアレ」等と呼ばれています。

映画やドラマ、写真など波止場のシーンでよく片足を載せている「あれ」。名前は「ボラード」と言います。
岸壁に設置して船を繋留したり、道路や広場などに設置して自動車の進入を阻止したりする目的で設置されている、地面から突き出した杭全般のことです。

ハーメルンのバイオリン弾きにも「あの方」がいたような・・・

「あの方」を自分用にまとめたいと思ったのですが、先に述べた事情により思う様に「あの方」を纏められず、思いがけず他の「あれ」まで派生してしまいました。よく見かけるけど名前が出てこない「あれ」を纏めようとするとかなりボリュームが出そうなので、今回はこの辺りで。
時間が出来たら追加していきます。

1