1. まとめトップ

乗り遅れないで!ビットコインが牽引する仮想通貨の未来が始まっている

今話題の仮想通貨(暗号通貨、Cryptocurrency)。ビットコインに始まり、すでに世界の貨幣のあり方を大きく変えつつあります。仮想通貨とは何か、今後の展望などをまとめました。

更新日: 2018年01月02日

1 お気に入り 19158 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

2017年は仮想通貨が大きな飛躍を遂げました。そしてこの市場は2018年、さらに伸びると言われています。

「仮想通貨」とその代名詞「ビットコイン」とは

今話題の仮想通貨(暗号通貨、Cryptocurrency)。
ビットコインに始まり、すでに世界の貨幣のあり方を大きく変えつつあります。

※画像は「ビットコイン」のイメージです。
仮想通貨は、このような物理的な硬貨としての実体はありません。

仮想通貨とは、インターネット上で決済手段として用いられる、暗号化された電子データのことです。

仮想通貨は「暗号通貨」とも呼ばれており、その名の通りインターネット上や一部の実店舗などで使えるお金(通貨)です。

インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できます。

日本円(JPY)をビットコイン(BTC)と交換する(もちろんその逆も可)、ビットコイン(BTC)でモノを買うなどといった利用ができます。

ビットコインには、通常の通貨と異なり、国家による信用の裏付けがない。その一方で維持コストのかかる“中心”を持たないために、取引手数料が極めて安くなる

ビットコインの最大の特徴は「ブロックチェーン(分散型台帳)」と呼ばれる仕組みにあり、従来の法定通貨のようにそれを管理している国、中央銀行といった存在がありません。

仮想通貨=ビットコインと思っている方も多いのですが、それ以外の仮想通貨はたくさんあります。

仮想通貨にはビットコインのほかにも、1000種類以上が存在していると言われています。

仮想通貨にはビットコインの他にも「イーサリアム」「リップル」「ネム」「リスク」「ファクトム」といった多数の通貨が存在しています。

仮想通貨はビットコインを基軸通貨とし、その他の通貨はまとめて「アルトコイン」とも呼ばれます。

ビットコインの意義は、国家の通貨発行権とは無関係なところでピア・トゥ・ピアという特定の誰かが全体を制御できない手法を使い、全世界的に流通可能な仮想通貨を初めて成立させたところにある。

非中央集権型の仮想通貨を支える技術が「ブロックチェーン」です。

仮想通貨の中核技術「ブロックチェーン」

ブロックチェーンは分散型のコンピューターネットワークであり、中央集権を置かずにして信憑性のある合意に到達する方法を可能にする技術です。

「ブロックチェーン」は、もともとビットコインの基幹技術として発明された技術です。

「ブロック」と呼ばれる取引データの固まりを一定時間ごとに生成し、時系列的に鎖(チェーン)のようにつなげていくことにより、データを保管するデータベースの技術である。ブロック(データの集まり)の連なりがチェーンのように見えることから、「ブロックチェーン」と呼ばれる。

ブロックチェーンが画期的なのは、データの改ざんが事実上不可能となっている点

ブロックチェーンは一度記録するとそれを改竄することができないため、非常にセキュリティ面で優れていると言われています。

銀行のような特定の管理機関がないため、権限が一箇所に集中することはありません。
そのためシステム障害に強く、かつ低コストで金融サービスが運用できると期待されています。

ブロックチェーン誕生以前は、全てのトランザクションはVISAやPayPalや銀行などの第三者機関を通して行わなければなりませんでした。
従来のモデルだと第三者機関が中央集権として絶対的な力を持っていたわけです。

ビットコインについては懐疑的な態度をとっている金融界の人々も、ブロックチェーンについては、「この技術は本物だ」「インターネット以来の最大の発明だ」などと高く評価しており、「金融を根本から変革する潜在力(ポテンシャル)を持っている」(ベン・バーナンキ前FRB議長)とする見方が有力になっている。

ビットコインを始めとする仮想通貨がもたらす経済革命

ビットコインをはじめとする仮想通貨(暗号通貨)は、法定通貨によって支えられている従来の経済を大きく変える可能性を秘めています。

今までは日本円や米ドルなど、国が保証したお金が基本になっていましたが、ビットコインは国境という既成概念すら破り、今後さらに大きな経済活動を実現する可能性を秘めています。

2017年はその爆発的な価値増加により「仮想通貨元年」とも呼ばれました。
今後はその仮想通貨が実用面で大きく前進する年になりそうです。

ビットコイン、イーサリアム、リップル…。いまや“仮想通貨”と呼ばれるこれらが経済紙誌に載らない日はない。

ビットコイン以外の仮想通貨が何か技術的に劣っているかというと、必ずしもそういうわけではありません。

逆にいえば、後から登場してきたアルトコインは、ビットコインの問題点を改善したうえで登場したものも多いです。

イーサリアム、リップルといった所謂「アルトコイン」はビットコインの欠点を補っていたり、独自の理念や使用用途を想定して作られたりなど、それぞれが違った特長を持っています。

ビットコイン生みの親は、謎だらけの人物「サトシ・ナカモト」

ビットコインは2008年10月にサトシ・ナカモトという謎の人物が「ビットコイン:P2P電子マネーシステム」という、わずか9ページの論文を発表したことから始まったとされています。

ビットコインに関する初めての論文は、Satoshi Nakamotoという人物により2018年に発表されました。

サトシ・ナカモト(ラテン文字表記: Satoshi Nakamoto)は、ビットコインプロトコルと、そのリファレンス実装であるBitcoin Core (Bitcoin-Qt) を作ったことで知られる人物の称する氏名。

顔や年齢、性別、国籍そして「ナカモトサトシ」が本名か、そもそも個人名なのか組織の名前なのか、全く謎の人物なのです。

2010年に彼が姿を消してから、さまざまなメディアがいろんな人をナカモトサトシなのではないかと予想してきました。数学者、エンジニア、投資家、大学教授、NSA(アメリカ国家安全保障局)職員・・・説はさまざまありますが、2017年現在も依然として彼を特定するまでには至っていない状況です。

誰かがビットコインを作ったのは確かでしょうが、それが誰なのか、わからないのです。なかなか不思議な話です。

仮想通貨の今後の展望は

1 2