1. まとめトップ

2017年、みんなが唸った『視点が変わる呟き』を復読する

今年のTwitterも様々なツイートが話題となっていましたが、"物事に対する観点”に影響を与えそうな呟きをまとめました。

更新日: 2017年12月31日

135 お気に入り 98873 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

justastarterさん

◆『現実』を突きつける呟き 【2選】

30歳までに子供が欲しいから妊娠期間引いて29。着床に1年は掛かるとして28。結婚してすぐ子供を産むのは嫌だから2年引いて26。2年くらい付き合ってから結婚するとして24。親しくなるのに1年は掛かるとして23。出会いに1年かかるとして22。 そしてお前は35歳。

何かで悩んでいるひとは、ほとんどの人が最良の解決方法を知っている。ただ、めんどくさいからやらないだけ。逆に言うと、解決方法知っているのにやらないことは、もはや悩みとは言わない。それは「悩み」ではなく「惰性」。(小池一夫)

◆『電車』にまつわる視点 【2選】

たとえば電車でお年寄りに席を譲った若者は褒められても、はじめから座ることを遠慮して立っていた若者は褒められたりしないん たとえばトラブルを回避し続けるより、起きたトラブルを処理したほうが腕が良さそうに見えるん こうして気が利きすぎる人は、普通に気が利く人に手柄を横取りされているん

身動きが取れない電車内でツムツムやってるサラリーマン 今、俺たちがツムツムなんだよ

◆『30代』への提言 【2選】

30過ぎたら、「俺の/私のセンス」とか言わずに、まず「流行っているコレは、こういう理由で流行っているのかな」と分析して自分に取り込む習慣をつけないとヤバい。10代20代では無意識にスルスルと吸収していたことだけに、そこで老害化するかどうかの分岐点になる。

人間、36歳くらいになると「ビジネスでは足し算や掛け算だけじゃなくて、引き算や割り算も重要だよ」みたいな、何も考えずにしゃべったことに対しても「さすがっす」みたいに適当に褒める年下がでてきてしまうので、だんだん勘違いしていく。これが「おじさんになるとバカになっていく」原因なんだ。

◆『大人になればなるほど』 【2選】

僕は、「あー、この人苦手だなー」って思っても口には出さず、しばらく合わせ続け、ある日突然何もかもが受け付けなくなります。そんな人って意外と多いと思いますが、逆に言えば、自分の欠点をいちいち指摘してくれるほど世の中甘くないって事ですね。大人になればなるほど静かに嫌われていきますよ。

バイト先で二十歳くらいの女の子が、仕事中に泣き出して帰っちゃって、なんで泣いたのかはわかんないけど「泣くほど心が繊細なのは若い証拠かも。私は最近涙ひとつ出ないです」って言ったらアラフィフの先輩が「もう少し歳をとると2時間ドラマのオープニングで泣けるようになるからね」って言ってた。

◆『優しさ』に関して

優しさってのはつまり「余裕があること」なんだよ。みんながみんな時間にもお金にも余裕があったらそりゃ取引先に向かう最中におじいさん倒れてたら助けるし道端のホームレスに100万円くらいポンって渡すんだよ。自分自身のこともままならないか… twitter.com/i/web/status/9…

自分自身のこともままならないから他人に優しくできない。貧しさこそが敵って本当それ。

◆『鈍感』に関して

「香道」を嗜む友人が「嗅覚が敏感になり、さまざまな香りを楽しめるようになったのはいいんだけど、電車やエレベーターの中が本当に地獄」と言っていて、どんなことでも、ある程度「鈍感」な方が幸せな人生を歩めるんだろうなと思った。

◆『見た目』に関して

付き合ってる人に「ぶっちゃけ顔はタイプではない」って言われた時その話を母にしたら「見た目なんか包装紙みたいなもんやねんから、全然興味そそられん包装やったのにわざわざ開けて中見て貰えてラッキーって思ったらええんちゃう」って返ってきて目から鱗やった

◆『損得』に関して

1 2 3