2016年は、年間を通して抑えの座を務め続けて、37セーブを挙げて、自身初めてのセーブ王に輝いた。

出典澤村拓一 - Wikipedia

前へ 次へ