1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

チケキャン2018年5月末に閉鎖へ「チケットビジネス」に様々な声

チケット転売サイト「チケットキャンプ」がサービスを閉鎖する方向の報道…チケットビジネスの光と影にネットからも様々な声が広がっています。

更新日: 2017年12月27日

6 お気に入り 26366 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

チケット転売サイト「チケットキャンプ」がサイト閉鎖へ

IT大手ミクシィは26日、子会社の「フンザ」(東京都渋谷区)のチケット転売サイト「チケットキャンプ(チケキャン)」を閉鎖する方針を固めた。

チケットの高額転売問題に絡み警察の家宅捜索を受け、サイトは主要機能を停止。

同日の取締役会で正式決定すると報道。「捜査が続く中で再開は難しいと判断した模様だ」

閉鎖する方針を固めたとする一部報道に対し、「当社が発表したものではありません」と文書で声明を発表した。

ミクシィは27日、子会社のフンザが運営するチケット売買サイト「チケットキャンプ」を2018年5月末をもって終了すると発表した。

「チケットキャンプ」とは

チケットキャンプは親会社「ミクシィ」が運営しており「国内No1の安心チケット売買サイト」をうたっており

万が一偽造された悪質なチケットや届かないというケースが有っても全額返金するという、利用者にとってはかなり手厚い体制を取っておりました。

コンサートなどの公演チケットを、ユーザーが自由に値付けして売買できるマーケットプレイスの国内最大手。

しかしチケキャンは何が問題だったの?

2016年11月、チケットキャンプが始めた「嵐」のツアーチケットの取引手数料を無料にするキャンペーンに

チケットキャンプはサイトからジャニーズのロゴなどを削除したが、キャンペーン自体は継続していた。

今月上旬には芸能プロダクション「ジャニーズ事務所」の商標権を侵害した商標法違反などの疑いで、兵庫県警がフンザを家宅捜索。

「ジャニーズ」の商標はジャニーズ事務所が保有。音楽の演奏や興業、放送番組の制作のほか、「興行場の座席の手配」などの分野をカバーしている。

このニュース報道に様々な声が広がっています。

チケキャン閉鎖なのか。 定価+発券手数料取引なら良いシステムだったけどな。 最後に救済してくれたのはチケキャンで、どこぞみたいに同行者届け出でリセール一切なしだと掲示板を頼らざるを得ない。割りと低リスクで検索しやすかった。 主催者… twitter.com/i/web/status/9…

『チケットキャンプ終了のお知らせ』 から見える、 「チケット転売は誰も幸せにならない」 という事実と、 「あの事務所さんがガチると有無を言わさず瞬殺」 という現実。 秩序の尊厳と業界の様式美が一緒に味わえて、とても心地よい年末なの… twitter.com/i/web/status/9…

てか、チケキャン死亡でジャニーズ怖いってなってる人いるけど、そもそもチケキャン側が自分とこのタレントの名前を勝手に使って宣伝してたんだから、ジャニーズ事務所が怒るのは当たり前なのでは…?

「チケキャンは転売屋が悪いだけでちゃんと使っていた人にはなくなるのはいい迷惑!」って言ってる人がかなりの数いるみたいけど、今回チケキャンにガサ入ったのは転売がどうのではなく、ジャニの商標権を侵害したからなので、要するにチケキャン自体が悪いことをしたんですよ。残念でした。

チケキャン閉鎖でまともに使ってる人が〜とか個人取引になってより危険に〜とか言ってる人いるけど、そんな甘いこと言ってるから転売撲滅出来んのだよ チケットなんて他人に譲渡出来なくなれば良いさ 自分の分だけ買う!行ける日だけ買う!

一方で、こんな声も

高額転売反対の意見広告が出た頃はまだチケキャン側の役員のコメントとかも出てて、明らかな営利目的の高額転売はできないようにするとか興行主催側もキャンセルリセールシステムの整備するとか、そういうすり合わせでユーザも含めwin-winな… twitter.com/i/web/status/9…

1 2