1. まとめトップ
  2. おもしろ

セルフこたつに外出OKなものも…「着る毛布」が進化しまくってる!

セーラー服のデザインが施された着る毛布が人気です。裾が長くたっぷりと生地を使用しているのでまるでセルフこたつのような状態になれるのだとか。そのほかにも「そのままおでかけ」が叶う次世代繊維を使用した着る毛布など進化がすごい!

更新日: 2017年12月30日

115 お気に入り 145351 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nekomatsuriさん

2017年秋UFOになりきれちゃうマニアックな着る毛布爆誕

宇宙人がUFOで人間や動物を連れ去る「アブダクション」を再現できる着る毛布が登場

アダムスキー型をイメージしたUFOの頭巾をかぶって、毛布の中央にあるファスナーを開ければ、UFOに吸い寄せられて宙に浮く牛や家のデザインが現れます

フェリシモのアブダクションUFO着る毛布。 やっと届いた! ああーこぐまが、UFOにーーー #bear #funny #goods #toy #こぐま instagram.com/p/BdPqi50HG6R/

ネットでこんなの売ってだ♪ 今年の冬はこれで決まりだべ(笑) アブダクションする UFO着る毛布|フェリシモ felissimo.co.jp/shopping/I1806… pic.twitter.com/PwVyrUpP6X

セーラー服に「セルフこたつ機能」を搭載したロング丈であったかい着る毛布が話題です

「BIBI LAB(ビビラボ)」は6日、セーラー服型パジャマ「セラコレ」シリーズの新作「着る毛布セーラー服2018」の販売を開始

2017年12月

2016年に発売した初代モデルがSNS上で反響を呼んだことから、改良版モデルを製作

特徴は、座るとスカート部分が広がり、こたつ布団に入っているような状態になる「セルフこたつ」機能

床に座るとスカート部分が広がりこたつのように外気を遮断し、自身の体温を逃さず温もりを閉じ込める

270度だったスカートを今年は360度全円に改良し、よりボリュームを出すことでこたつ布団のような重厚さ

前身頃にファスナーをつけたため、脱ぎ着もより楽になった上、袖口にゴムを通し、袖周りがもたつかないようにも改良

日本の着る毛布、どんどんわけのわからない進化を続けていて最早呆然と見守るしかない感じになってきている気がする(好き) bibilab.jp/product/slc80w/ pic.twitter.com/u0Gbbf7M2t

@narakumi_chappy なんでセーラーのコスプレしなきゃあかんねん!って思ったら割りと理にかなってそうな代物でワロタw というかセルフこたつと言うジャンルを始めて知ったwエアコン嫌いなわしにとっていいなこれw

ちなみにセーラーデザインではないですが男性が着られるサイズのセルフこたつも

着て座るだけで、あなた自身の体温を熱源とした永久機関(のような)「セルフこたつ」の完成

本日発売のセルフこたつ着る毛布! 強いご要望にお応えして、男性も着られるLサイズもご用意しております! こたつになりたい。その夢をかなえる魅惑の全円スカートをぜひ体感してください!! twitter.com/BIBILAB_JP/sta…

去年発売したセラコレ「セーラー服着る毛布」に実装していたこのセルフこたつ機能。 男性からの強いご要望により、男性も着られるLサイズもご用意しました! なんというかこう、見る人によっては世界観を感じる荘厳なルックスに仕上がっておりま… twitter.com/i/web/status/9…

「EMMAROBE」の着る毛布はラグジュアリーな雰囲気満載でちょっとした羽織りにもなるそう

“着たままお出かけ”を叶えるスタイリッシュなブランケットシリーズ「EMMAROBE(エマローブ)」

1 2