実はデメリットも?話題の「在宅ワーク」にすると起きるコト

家で仕事できるなんてサイコーだな!と思ってましたが、やってみないとわからない大変さが結構あるようで…

更新日: 2017年12月28日

59 お気に入り 171716 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

今年1年さらに進んだ在宅ワーク

6月、テレワーク導入に向けた取り組みを開始 。

4月から毎日テレワークをすることも可能に。

以上のように今年1年でますます広がりを見せた、在宅ワーク。

在宅勤務制度の今後の方針を管理者側に対して調査したところ、55.8%の企業が「利用者を増やしていく」と回答している

取り入れる理由は社員の満足度UP

在宅勤務に対応している企業では、在宅勤務を許していない企業に比べ離職率が低い

在宅勤務をした従業員の仕事の成果は、オフィスで仕事をし続けた従業員と比較すると、13%改善

一方、導入してわかった懸念点も…

「初めて在宅勤務を始めたときは、その違いに愕然としました。とにかく、孤独なのです」

「社内のテンションが不明ですね。こちらから連絡をとるときに、この雰囲気は新たな提案が通りそうとか、いまこの話はタイミングじゃないなぁというところが読みにくいです」

フル在宅勤務の部下については、褒める機会がないどころか部下の成果に気づくことすら難しい場合がある

会話不足は長時間労働にも影響

勤勉な労働者は、オフィスに出社しないことに引け目を感じ、必要以上に朝早くから夜遅くまで働いてしまう傾向がみられる

「やりすぎるのは、成果を出さなきゃ、アピールしなきゃという無言のプレッシャーを感じているから」

米大手企業は在宅勤務というフレキシブルな労働形態を取り入れてきたが、フルタイムの在宅勤務を望む企業は減っている

フランスでは実際に、従業員に毎日テレワークを許可している企業はほとんどなく、大半は週2回、もしくは週1回

自由な国フランスでも、週3日以上の在宅勤務は悪影響という意識が浸透。

じゃあ成功させるにはどうすれば?

1 2