1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

omamemaruさん

【DAYS】 安田剛士

中学校ではいじめられっ子だった柄本つくしは、高校入学前に同い年のサッカーの天才・風間陣と偶然知り合い、フットサルの誘いを受ける。フットサルの試合に出場した柄本は、下手なりに必死に走ってゴールを奪う。その後風間も柄本と同じ聖蹟高校の生徒だったことが分かり、サッカー初心者の柄本がサッカー名門高校でチームメイトと共に成長していく。

DAYSあついなー。 サッカーしてた人にとっては信じられない漫画だわー。見てほしい。

【GIANT KILLING】 作・綱本将也 画・ツジトモ

達海猛35歳、職業サッカー監督。今季より弱小プロサッカークラブ【ETU イースト・トーキョー・ユナイテッド】の監督に就任する。現役時代も監督になってからも、好物は「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」!

サッカー漫画で楽しみにしているのはモーニングの ジャイアントキリング

ジャイアントキリングの作者は尊敬できる。選手、スタッフ、サポーター、記者の心情を的確に捉えてるなー。 クラブを木と表現して、幹、土、葉、水にそれぞれを例えているのも上手い。長期連載すると、話に筋が通らなくなったりする漫画が多いけど、これはそんなことない。(11/6/9)

今更ながらジャイアントキリング読んでるんだけども面白い

【エリアの騎士】 原作・伊賀大晃 漫画・月山可也

鎌倉学館中等部サッカー部主将・逢沢 傑はU-15日本代表の10番を背負う。その弟・逢沢 駆は世界を舞台に活躍する兄の姿に心を躍らす。
しかし、駆は選手としての自信を失い、兄と同じサッカー部でマネージャーとして働きながらプレーへの想いに胸を焦がす日々を送っていた。傑は弟のそんな姿を胸の中で見守り続けていた。

エリアの騎士読み終わったけど今まで読んできたスポーツ漫画の中で一番好きだわ

【アオアシ】 小林有吾

愛媛県の公立中学の弱小サッカー部のFW・青井葦人は、個人技は拙いながらも、抜群のボールへの嗅覚と、フィールド上の俯瞰能力、サッカーへの情熱と上達の早さにより、「東京シティ・エスペリオンFC」ユースチーム監督の福田達也に見出され、ユースのセレクションを受けることになる。

アオアシ面白すぎるしもっと知られてもいいサッカー漫画だと思う

サッカー漫画のアオアシっていうのみんな読んでくれ!!!!! めっちゃ泣ける

サッカー全然やらないけど、アオアシは今まで読んだ漫画の中でも1.2を争うぐらい面白い

【シューダン】 横田卓馬

少女との出会いが〝普通〟だったサッカー少年の心に火をつける!!
王国静岡を舞台に繰り広げられる少年少女たちの成長ストーリー!!

いや、シューダンさ… 今週のやつヤバいんだけど… 自分もそれで辞めたし自分の他に辞めた人にとってそういうチームになりたかった

今週のジャンプ読んだけど、シューダン最高過ぎでは? はーほんと一話でも長く続いてほしい

サッカーや野球とかスポーツに球が入るとてんでダメな僕ですが… 週刊少年ジャンプに連載してるサッカー漫画"シューダン!"…面白すぎる‼️

1 2