フレデリック・ラルーはできるだけようやく等は作らない方が良いと言っています。何度も何度も書き直しても正しく伝えるために約600ページ必要だったそうで、ティール組織を一言でまとめることは非常に難しいのだと思います。私の視点でも多くの解釈は「自主経営」部分に偏っており、「全体性」や「存在目的」への深い理解を伴った文章や組織事例は日本には少ないように感じます。
以下そのフレデリック・ラルーの考えを正しく理解するために役立つリンクを紹介します。

前へ 次へ