1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

omamemaruさん

【ピカチュウ】

元々は野生のポケモンであり、オーキド博士にゲットされ研究所に連れて来られる。サトシが冒険初日に寝坊したために、フシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメは既に他のトレーナーに持って行かれてしまい、その代わりに余っていたポケモンとしてサトシの最初のポケモンとなった。

【ヘラクロス】

120話から登場。サトシがジョウト地方で最初にゲットしたポケモンである。
ロケット団のメカにカイロスの縄張りを荒らされたことが原因となり勃発した縄張り争いが解決した後、自分からサトシについてきてゲットされる。

【チコリータ→ベイリーフ】

127話から登場。サトシが初めてゲットした♀のポケモン。
サトシに勝負を挑んで敗北し、ダメージを受けてポケモンセンターへ連れて行こうとするも、当初はサトシに噛み付く程敵視していた。ロケット団にさらわれたときに雪山で助け出されてからはサトシの優しさに惚れ込み、自らサトシについて行くことに。

【ヒノアラシ→マグマラシ】

142話から登場。サトシが山岳地帯で不良トレーナー・ユウジとの争奪戦の末、ロケット団のロボットの爆発から守る形でゲットした。呑気な性格で、寝ることとボーっとすることを好む。

【ワニノコ】

152話から登場。サトシとカスミが同時に捕まえようとしたが、草むらに隠れていたワニノコに対して同じルアーボールを投げた為、どちらがゲットしたのか分からなくなってしまう。所有権をめぐって3対3のバトルをした結果、2勝1敗で勝利したサトシのポケモンとなった。

【ヨルノズク】

155話から登場。作中でも数少ない色違いのポケモンで、サトシ唯一の個体。普通のヨルノズクより体は小さいが非常に頭が良い。サトシや鳥ポケモンマニアのトリガイ(声 - 西村朋紘)がゲットしようとして失敗するが、ロケット団から自分を助けようとしたサトシを見て、バトルに応じゲットされる。

【スピアー】

162話に登場。虫取り大会でゲットし、優勝した記念として手持ちに加わるが、ロケット団の襲撃の際にサトシを助けたナナコへの感謝の印として、彼女に譲り渡した。ラッタの一件以降、基本的に自分がゲットしたポケモンは他人に渡さなかったサトシが、他のトレーナーに譲った数少ないポケモン。SSでナナコと一緒に再登場。

【アズマオウ】

168話に登場。アズマオウ釣り大会でサトシが釣った通常の個体より大きめで一時期手持ちに入れていた。その後、返されたかオーキド研究所へ預けられたかのような描写が描かれていないため、現時点ではゲットに含まれているかどうか不明である。

【ゴマゾウ】

230話から登場。サトシが229話で貰ったタマゴが孵化して生まれた。何事にも好奇心旺盛な無邪気な性格で、ピカチュウとは特に仲がいい。体は小さいが、力は非常に強くロケット団戦やジョウトリーグで活躍を見せている。サトシがホウエン地方へ旅立つ時にオーキド研究所に預けられる。

【ヨーギラス】

1 2