1. まとめトップ

わざと?男性が嫌う女性の塩対応

女性があからさまに嫌な態度をされるとさすがに嫌気が差すものです。もう少しは大人の対応をしてほしいと思いますが、それがかっこいいと思っているのか?本当に男性が嫌いなのか?性格がただ単に悪いだけなのか?いずれにしても周りの人たちも良い感じはしません。

更新日: 2017年12月30日

3 お気に入り 5194 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・オフィスでやりがちかも……

「挨拶はしてくれるけど、目を合わせてくれない」(28歳・金融)

「相槌が単調。テキトーな感じがするから、自分の話に興味がないんだろうな……と思う」(22歳・工場)

「ランチタイムの時間が重なって、お互いひとりで同じテーブルなのに、完全にこちらを無視している」(30歳・IT)

・飲み会の席でも……

「好きなタイプを聞いた時に、あからさまに自分と違う系統の人を言われた」(24歳・IT)

「飲み会で知り合った年下の女性に『敬語でなくて良いよ』と言ったら『いえ、敬語で大丈夫です』と言われた」(30歳・男性)

「帰りの方向が一緒だったので同じ電車で帰ろうとしたら、『コンビニ寄るからここで』と立ち去られた」(27歳・不動産)

・LINEのやりとりでも……

「スタンプを使ってくれない」(30歳・営業)

「レスが早いのはうれしいんだけど、ほぼスタンプだけ。俺に対する文章はないのか!? とさみしくなる」(26歳・デザイナー)

「質問に対して最低限答えるだけで、こちらにはまったく質問してこない」(23歳・ミュージシャン)

・「感じが悪くてごめんね」と、わざわざ自らのキャラを強調する

「開き直り?自覚してるんだったら直せよ!と思います」(20代男性)というように、態度の悪さをわざわざアピールしても、反感を買うだけのようです。「本当は愛想の良い女の子になりたいの」などと素直な一面を見せたほうが、かわいいと思ってもらえるのではないでしょうか。

・「私そういうのできない人なんで」と、悪びれずに頼みを拒否する

「『これが私なんで』とでも言いたげな態度が鼻につく」(20代男性)というように、微妙に自己主張が混じった断り方で男性に不快感を与えるパターンです。どんなに気分が悪いときでも、相手の頼みを拒否するときは「ごめんなさい」と謝るのが大人ではないでしょうか。

・「それ、嫌い」「あれ、無理」と、ネガティブな主張ばかりする

「しょっぱいというか、ダメ出しばかりしたがるのは、ただのワガママ女!」(10代男性)というように、嫌いなものや苦手なものを並べ立てても、何もいいことはないようです。言い方ひとつで印象は変わるので、「○○以外なら何でもOKですっ!」などとかわいくアピールしましょう。

・「別に」「わかんない」と、何を聞いてもそっけない

「『他人に嫌われてもいい』と思ってそうで、残念な女に見える」(20代男性)というように、何を聞いても「上の空」では好感度が下がってしまうようです。軽く眉間にシワを寄せた「困り顔」を繰り出すなど、男性が放っておけなくなるような仕草を見せたいところです。

・「じゃあ、もういい。知らない」と、気に入らないことがあると一瞬ですねる

「子どもかよ!面倒臭い女として避けたくなる」(20代男性)というように、くだらないことで「すねる女」にゲンナリする男性は多そうです。うっかりしょっぱい態度を取ってしまったら、機嫌が直ったところでかわいく甘えるなど、バランスを取りましょう。

・「塩対応だから許して」と、態度の悪さを正当化する

「は?『塩対応』が免罪符になるかと思ったら大間違い」(20代男性)というように、ポンコツな対応をキャラとして押し通そうとしても見当違いだと思われてしまうようです。芸能人レベルのルックスを手に入れるか、「ダメな女でスイマセン!」と謙虚に振る舞うほかないのではないでしょうか。

・あえてギャップを狙って計算している

塩対応をする人というのは周りの人から見ると「愛想のない冷たい人だな」とか、

「可愛げのない人だな」「なんだか感じの悪い人だな」なんて思われていることでしょう。

けれども、そういった対応を時と場合によって使い分けているとしたらどうでしょうか。

自分にとって大切だと思う人に対しては、

最初は塩対応を取っていてもその後すかさずフォローしているかもしれません。

塩対応を取られた相手は「なんてひどい人だ」と思ってしまいますが、

その後すぐにフォローに来られて、その時の対応が素晴らしい対応だったとしたら、

最初から素晴らしい対応をされるよりも、より一層感じよく受け取られるものです。

最初の印象が悪ければ悪いほど、その後の印象は良くなる一方だからです。

そのように塩対応と素晴らしい神対応のギャップを見せられることで、結果的に好意的に受け取られることは多いです。

塩対応をとる人は、そのような事まで計算している可能瀬が大いにあります。

・沈黙、無反応

挨拶を自分からは絶対にしない人,もしくは挨拶をしても自分から挨拶を返さない人というのは,他人を大切にしていない印象を与えます。

また,高圧的なイメージを持たれてしまいがちです。

挨拶は人間関係の基本ですから,笑顔で自分からできるようになりましょう。

・〇〇しなくちゃいけないの

1 2