1. まとめトップ

山口敬之のスポンサーしてた斉藤元章・ペジー社長を逮捕!巨額助成金に官邸の関与は?

伊藤詩織さんをレイプしたとして訴えられている山口敬之のスポンサーでペジー社の社長をしていた斉藤元章が助成金の詐欺で逮捕されました。

更新日: 2017年12月29日

0 お気に入り 1945 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

◆スパコン開発で巨額詐欺

ペジー社と斎藤氏への捜査は、告発をもとにした税務調査から始まっており、その過程で“余禄”のように不正受給が発覚

JSTの課題の開発には、1億円~最大50億円の貸付制度がある。開発が失敗した場合は90%は返済が免除され、10%だけを返済すれば良い。

◆怪しい日本シンギュラリティ財団

一般財団法人日本シンギュラリティ財団 (法人番号:7011005006685)
東京都渋谷区恵比寿3丁目31番15号

評議員 髙橋一夫(PEZY最高技術責任者)
評議員 山口博久(山口法律事務所弁護士、レイパー父)
評議員 矢野達郎(不明)
代表理事 山口敬之(ジャーナリスト)
理事 山口敬之(ジャーナリスト)
理事 齊藤元章(PEZY創業者兼最高経営責任者)
理事 友行 信(シールドテクス代表取締役)
監事 横山卓司(税理士法人シンギュラリティ税理士)
2016年3月4日設立

その「目的外に利用した」資金が何の目的でどこに流れていったのか、KEKや理化学研で彼らが何をしようとしていたのかなど、気になるポイント

◆山口敬之の実家に日本シンギュラリティ党

山口敬之を代表にして、政党『日本シンギュラリティ党』という名前の政治団体を作っていたようです。
http://www.senkyo.metro.tokyo.jp/uploads/28teiki-ni_032.pdf
届け出の政治団体一覧
http://www.senkyo.metro.tokyo.jp/uploads/b4940e2d773022b4ba01fa5b280ae3ac-1.pdf

AI(人工知能)の研究開発拠点にしては、まったくの民家である。登記簿をあげて調べると土地家屋の所有者は山口博久

ネットで検索してもHPすら存在しない財団の実態は、実家に住所を置いただけのペーパー財団だった。

元経産官僚の古賀茂明は田中龍作の電話取材に「経産省内では、齊藤(容疑者)のペジー社と言えば麻生案件か甘利案件と言われている」と明らかにした。

◆国会でも取り上げられる

スパコン詐欺事件は年初に次の山場が来て、ピークは18年度予算が成立した直後だという。東京地検特捜部は政治家にまで到達できるのか。少なくとも経産省幹部は射程に入っているだろう。「眠れる東京地検」が眼を覚まし、安倍政権を震撼させる気配が濃くなってきた。

【潰れる会社そっくり】東芝危機でも原発推進、自動車大転換にも遅れ、スパコン詐欺と、やってくれます経産省。一方、短期利益追求でデータねつ造でも内部留保をため込み、経営者は責任取らない。そもそも局長を任命している官邸トップが、モリカケで「裸の王様」状態の三世バカボンボン社長ですから。

◆スパコン斉藤元章が山口敬之のスポンサー

警察が伊藤詩織さんのレイプをもみ消したという疑惑が書かれている書籍です。

山口氏が生活の拠点としてきた永田町のザ・キャピトルホテル東急にある賃貸フロアの一室がこの齊藤社長から提供されているものだという疑惑

1