損する可能性も?「副業解禁」で知っておくべきこと

近年、大手企業が副業解禁を発表しており、これまでになく「複業キャリア」に注目が集まっています。一方で、ネットでは様々な意見が上がっているようで…。

更新日: 2017年12月29日

48 お気に入り 91594 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

下半期、大企業で副業が続々とOKに

経団連も副業容認を推進

今の勤め先だけでは得られないスキルや能力、視野の獲得や、第2の人生の準備としての有効性が挙げられている

企業にとっても、「社外の知識を取り込めること」や「生産性向上」と言った期待できる

しかし、これに対してネット上では…

日経の1面に副業容認で社員育成って記事あったけど副業する人の大多数が今の収入での生活が厳しいからであって誰もスキルアップ目的で副業したい!って思わない気がする

副業容認のニュースを見て思うのは、副業で仕事が得られるスキルや知識を持ってる人は、勤めている企業でそれなりの立場と収入を得ているはずで、そうじゃない人に容認してもねぇ…社員育成の意味も含めてっていっても勝手に育たないし、育っていたらとっとと辞めているだろうし…

副業容認て、安月給でも、賃上げ要求なんかしないで副業したら?っていう企業側の言い分に使われそうで複雑だなぁ。

特に不安視されているのは…

このような働き方が増えた場合に想定される問題は、合算するとあまりに長時間に及ぶのではないか、という点

『副業を頑張りすぎると、残業削減の目的の一つである「働きすぎ防止」ついては対策になっていないのではないか』との声も

原則として、後から雇用契約を結んだ会社が、残業代を支払うものとされています。つまり、たいていの場合には「副業の会社」が残業代を支払うこととなります

ただ、副業が求められているのも事実

副業であれば、本業からの収入を得ながら、本業での能力やスキルをさらに伸ばすだけでなく、新しいチャレンジも可能に

単にお金を得るだけでなく、自分の価値観が表現できるような社会貢献をしたり、社会との新しいつながり方を見出すための活動として、社外での活動に取り組むこともできる

会社で働くのと会社に依存するは別物だから、会社に依存しなくてもなんとかなるような生活を目指すべきなんじゃないかな。 結局依存する方が楽だからそっちに流れるんだろうけど。

長時間労働を招かないよう労働時間や健康管理の指針を盛り込んだガイドラインの策定にすでに着手。来春、公開する見込み

1