1. まとめトップ

金融占星術・社会占星術が予言する2018年の経済と世界情勢②

’97年のアジア通貨危機も,2008年リーマンショックも,今年(2017)前半の北朝鮮による核・ミサイル挑発や日米韓のフェイクニュース騒動・政治混乱も,占星術によって予測されていた!海外の占星術サイトが予測している2018年の出来事を紹介します。

更新日: 2018年02月12日

1 お気に入り 2788 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

blastopore.さん

北朝鮮情勢;2018年から2020年の間に北朝鮮で戦争?もし戦争があれば壊滅的被害に

What’s even more intriguing about this time period for the USA chart is that progressed Saturn 3*3’ Scorpio and progressed Hades 3*25’ Scorpio conjoin North Korea’s natal Mars 3*41’ Scorpio. As Uranus moves through the early degrees of Taurus in 2018 and 2019, and opposes these positions in the USA and North Koreas charts, the USA is now challenged and determined to crush North Korea.

2018年と2019年の惑星の配置より,米国は挑戦を受け,北朝鮮を叩きのめす決意をする。
チャートは出典元を御覧ください。

May 16, 2019 is especially important, as transiting Venus conjoins transiting Uranus 2*-4* Taurus while opposing the transiting Moon and the USA-North Korea configuration in Scorpio, and transiting Saturn 20*17’ Capricorn exactly conjoins the South Node.

With transiting Mars 0*5’ Capricorn conjoining North Korea’s natal Uranus, and transiting Neptune opposing North Korea’s natal Sun (the leader of the country, Kim Jong Un), Kim’s delusions of power could make him overly confident that he can take on the USA.

特に重要な日として2019年5月16日を挙げています。金正恩は軍事力の妄想のあまり,米国と戦えると過信する可能性がある。

There is potential for all-out war developing in 2018-2020, as shown by North Korea’s Saturn return chart.

2018-2020年に全面的な戦争に発展する可能性が高まる。(あくまでも potential です)

Pluto rules mass destruction and death, and so indicates nuclear weapons. --- and in this chart, Mars opposes Jupiter, showing a complete lack of restraint over warlike behavior.

2017年8月24日時点の北朝鮮のチャートの説明です。冥王星は大量破壊と大量死を支配し,核兵器も示唆する。 このチャートでは,火星は木星と対置するので,軍事行為に対する抑制が全く無くなることを示している。

Hades, another indicator of destruction, conjoins the return’s Midheaven and opposes Pluto. That the Moon, which represents the general populace of a country, conjoins Pluto and is opposed by Hades, shows the potential for mass annihilation of North Koreans.

ハデス,冥王星,月が関係してくるので,戦争になった場合,北朝鮮国民の大量消滅の可能性がある,とのことです。(あくまでも potential)

Any belligerence by North Korea will be met by even stronger force. Uranus 17*22’ Pisces in the Saturn return chart opposes both the Midheaven and the natal Sun in North Korea’s natal chart. North Korea could find itself up against a much stronger foe that will attack.

北朝鮮の好戦的態度は必ず,さらに強い軍事力に直面することになるだろう。

Transiting Uranus 28*23’ Aries is moving through the eighth house of death for the return chart, and making a trine (120* angle) to the Moon-Pluto pair. As transiting Uranus moves into Taurus in 2018, expect the conflict to become heated, as each side stubbornly insists that they will be the winner.

トランジットする天王星がおうし座へ移行する2018年は,北朝鮮とアメリカの双方が勝利者になることに強固にこだわるので,対立は過熱化すると見込まれる。

On October 26, 2018, transiting Venus and the Sun will conjoin at 3* Scorpio – so they conjoin North Korea’s natal Mars and progressed South Node. This time period will see North Korea making further advances in their goal of acquiring the capability to create to nuclear weapons.

2018年10月26日前後の時間帯には,北朝鮮は核兵器を作る能力を獲得するというゴールへ向けてさらなる進展を見せるだろう。

中国経済;2018年央から中国経済の債務問題への懸念が意識され始める

On September 17, 2015, progressed Venus entered Aquarius, now in the same sign as progressed Jupiter and the natal Ascendant at 1* Aquarius. This aspect remains in force for several more years, and transiting Uranus and Saturn form two critical configurations to it. Uranus will square these progressed planets and the natal Ascendant in 2018, and then Saturn will conjunct them in 2020.

There are two areas of China’s national life that it affects: debt, property values, the financial system and economic conditions of the common people; and the Communist Party.

2018年から2020年にかけて中国にとって危険な惑星配置になり,債務,資産価値,金融システム,一般人の経済状況,そして共産党に影響がありそうです。

On May 16, 2018, transiting Uranus enters Taurus. Uranus is in the fourth house by whole sign houses, a position that augurs difficult and persistent opposition to the ruling government – in this case, the Communist Party.

But that it squares Venus, the ruler of Taurus, indicates a massive upset in property values. Progressed Jupiter in the mix exaggerates the losses. As transiting Uranus and Mercury are conjunct that same day (Mercury 4* Taurus) and Gemini-Mercury rules the fifth house of the stock market, a time period of extreme volatility in Chinese stocks is about to begin.

2018年5月16日以降の惑星配置より,中国政府,共産党への反対運動の多発,資産価値の大暴落示唆される。中国株のボラティリティが極めて大きくなる時期がまもなく始まる。

The world will begin to be aware of the extent of the problem during the Mars retrograde period of 2018, but even then, the problem is not addressed, probably due to the entrenched corruption surrounding state-owned enterprises – also ruled by Venus, Taurus and the second house.

火星の逆行期間(2018年6月27日~8月27日)に,世界は中国の経済問題の広がりに気づき始める。しかしそのときになっても問題は取り組まれず,先送りにされる。おそらく,国営企業が腐敗にまみれているために。

In early to mid-August 2018, retrograde Mars moves back over China’s natal Ascendant, while Uranus goes retrograde at 2* Taurus. This is when things turn really ugly. August 2018 will see some wild fluctuations in the yuan. Transiting Neptune 15* Pisces opposes transiting Ceres 15* Virgo (and is moving into range of opposing progressed Saturn) in a T-square with progressed Sun 16* Sagittarius.

The serious level of debt, the exposure of corruption, and an internal struggle within the Party puts pressure on China’s leadership, leading to serious missteps.

8月の初旬から中旬にかけては,事態が悪化する時期である。8月は人民元が乱高下するだろう。深刻なレベルの債務,腐敗の暴露,共産党内部の闘争は中国首脳のプレッシャーになり,それは大変な失策につながる。

2019年年末から2020前半に中国の債務・通貨危機と内乱,その影響は世界経済へ波及?

But the reliance on debt continues, well into late 2019. In November 2019, transiting Jupiter conjuncts progressed Mercury, ruler of the eighth house of debt, while the progressed Sun has moved to 18* Sagittarius, squaring progressed Saturn 19* Virgo in the eighth house.

負債への依存は2019年のかなり遅くまで続く。

From March 2019 to March 2021, transiting Neptune 16*-20* Pisces opposes China’s progressed Saturn 19* Virgo. The Capricorn stellium occurs within this time band. This was the configuration in individual countries’ charts that triggered the breakdown in Asian markets in 1997-1998.

2019年3月から2021年3月の中国の天宮図では,1997-1998に通貨危機が起こったタイなどの国々の当時の天宮図と同じ配置が続きます。

出典元の
https://www.globaltrendscycles.com/finance/2017/6/27/china-financial-collapse-2019
では,この後に2019年から2021年にかけての予測をしています。2019年12月を中心とする2019年年末から2020年前半の,人民元と中国株の暴落と内乱,世界の金融市場への波及,2021年末頃まで残る中国経済の後遺症を予測しています。

レイモンド・メリマン『フォーキャスト2018』の概要

翻訳者さんのブログ『R.S.H.__言葉のパワースポット』
http://hiyoka-rsh.blog.jp/
から,『フォーキャスト2018』(レイモンド・メリマン著,株式会社投資日報社)のハイライトを引用します。
メリマン氏も2020年〜2023年の金融危機の可能性を予測しています。

◆ 29年サイクルを持つ土星が山羊座に入居、冬至付近でこれが起きるのは1870年以来初の出来事
◆ 2018年5月15日に天王星が牡牛座に入居し、11月6日に牡羊座に戻り、2019年3月6日に牡牛座に入り直して7年間の旅を開始
◆ 2017年6月16日〜2019年5月2日、天王星・海王星ワクシングセミスクエア(171年サイクル)
◆ 2020年〜2023年に次回金融危機の潜在的可能性
◆ 政府リーダーシップの変化を促す世界的潮流は2021年へと続く
◆ 今後7年の間、強調される中央銀行の変容
◆ FRBの急進的改革へのプレッシャーが高まる
◆ 2018年も増大し続ける戦争の脅威と可能性(米国とイランを含む)はおそらく2021年へと続いていく
◆ 米国とロシア間の緊張は2026年中まで続く
◆ 米ドルの価値は2020年代も下がり続け世界基軸通貨としての地位を脅かす
◆ 世界規模で高まる「法と秩序」の要求

★ グローバル・リセットは続く:旅は次なる宇宙領域へ
◆ 山羊座イングレスの重要性
★ 山羊座の土星、蠍座の木星:境界、倫理道徳、法的説明責任そして責務
◆ 法と秩序、境界と治安
★ 牡牛座の天王星:狂い出す銀行

★ 迫り来る一時代の終焉:ザ・グレートリセットが始まる
◆ カーディナル・クライマックスのパート1(2008年~2015年)
 と パート2(2016年〜2024年)
◆ ザ・グレートリセット
◆ 二次反応
◆ 土星から天王星、土星から冥王星への近接したハードアスペクトがもたらす破壊的対応性

こちらの記事もご参考に,
金融占星術・社会占星術が予言する2018年の経済と世界情勢①
https://matome.naver.jp/odai/2151439501345049101
「金融占星術が予言する2018年から2021年の中国経済:’19年末~’20年初頭に中国発の株価暴落?」
 https://matome.naver.jp/odai/2151481436254164601
「占星術が予言する2018年~2020年の北朝鮮情勢:2020年8月に戦争か?」
 https://matome.naver.jp/odai/2151454243922297701
「【日経平均】トレンド変化の先読みに役立つ金融占星術・サイクル・テクニカル分析のサイト」
 https://matome.naver.jp/odai/2151501868034855201
「金融占星術・サイクル・テクニカルで予測する2018年1月の株価動向」
 https://matome.naver.jp/odai/2151491200485464401

1