1. まとめトップ

トイプードルに多い皮膚病「脂漏症」。原因は?対策はどうしたらいいの?

可愛いトイプードル♡でも、毎日舐めて痒そう。それって何かの病気なのかも。

更新日: 2017年12月29日

0 お気に入り 39752 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

我が家で買っているトイプードルちゃん。毎日手や体を舐めて毛が薄くなってしまっています。赤くなっているところや黒くなっているところも。。どうしたら舐めなくなるの?どうしたら治るの?原因は何か調べてみました。

y-TANIGUCHIさん

■とっても可愛いトイプードル♡

人懐っこくて、とっても可愛いトイプードル。

もこもこフワフワの毛もチャームポイントのひとつですよね。

でも、体を舐めてその毛が薄くなってしまったら・・・泣

どうしたら?

トイプードル可愛い・・・・世界一大好き・・・・;▽;

■でも、皮膚病になるトイプードルも少なくない。。。

犬の皮膚は人間の皮膚よりも薄く、非常にデリケートです。また、たくさんの毛で覆われており、日頃のチェックが難しいものではありますが、皮膚は犬の健康状態を繁栄する非常に大切な臓器です

皮膚炎の原因は大きく分けて三つあります。「アレルギー」と「ノミなどの寄生虫」、そして「皮膚疾患」による皮膚のトラブルです。

■脂漏症(しろうしょう)という病気かも

「マラセチア皮膚炎」とも呼ばれる皮膚炎であり、マラセチアという常在菌が活発化したときに起こる皮膚炎です。症状としては脂っぽくなりべたついたようなフケが出てかゆみが広がるタイプと、乾燥したフケが出て皮膚の表面がかさつくタイプがあります。

マラセチアは皮膚に常在している酵母で、マラセチア自体がいることは何も問題ではありません。

しかし、皮膚の異常や食生活などが原因で、マラセチアが病原体と化すことがあります。

この状態を脂漏性皮膚炎と呼び、若い子からお年寄りのワンちゃんまで幅広く見られます。

■脂漏症の症状は?

ーフケ・かゆみー

膿皮症になるとフケの量が多くなります。
油性脂漏症の場合は脂っぽいフケが大量に出るようになり、乾性脂漏症では大量のフケが出て軽度の脱毛によって毛が薄くなります。

ーベタベタと油っぽいー

皮脂が異臭を放ち、触るとねっとりしています。

鱗屑、皮膚、被毛は油っぽく、脂性の黄褐色の塊が被毛と皮膚の一部 に付着していることがあります。被毛に付着した鱗屑はシラミの卵 のようにみえます。同様の脂性の耳垢をともなった外耳道炎を併発することがあります。

■原因は何?

ーアレルギーー

アレルギーの治療薬であるステロイドにより新陳代謝が高まり角化が進むことがあります。

ー肥満ー

肥満の場合、脂漏症にかかる危険性が高まりますので、適正体重を維持しましょう。

ー皮膚の異常ー

マラセチアは皮膚の粘膜に常在しています。

そのため、皮膚に何らかの変化が起こったときに発症すると考えられています。

具体的には、

・皮膚の温度・湿度の上昇
・成長や老化によるしわの出現
・皮脂腺からの異常分泌

ー食生活の乱れー

1 2