1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

イチローが石川さゆりを激励!紅白歌合戦出場歌手が明かした身内ネタ

2018年の紅白歌合戦の紅組のトリを2年連続で務める石川さゆりがメジャーリーガーのイチローからエールを送られていた。その他にも身内ネタが炸裂した歌手たちの裏話がおもしろい!

更新日: 2017年12月30日

2 お気に入り 7052 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

紅白歌合戦のリハーサルで明かされた裏側。紅白歌手がまさかの…

nyokikeさん

▼来年の引退を表明している安室奈美恵に石川さゆりがエールを送った

40回目の出場で2年連続紅組トリを務める石川さゆり(59)が自身の2つ前を歌う安室奈美恵にエールを送った。

楽曲「津軽海峡・冬景色」を歌う石川は「私が初出場したころは紅白の対決意識があった。世の流れですか、お祭り的な感じで対決のイメージが和らいできた。安室ちゃんの最後のシーンをみんなで応援できたらいいなと思いますね」。

▼その石川さゆりにメジャーリーガーのイチローがエール

また、自身の代表曲「天城越え」をかつて登場曲に使用していた、米大リーグ・マーリンズからFAになっているイチロー外野手(44)からエールがあったことも明かした。

石川は「友人ですから。『さすがっすね~、頑張って下さい』とそんな感じです。『楽しみにしてます』とおっしゃってました」と喜んでいた。

・接点がなさそうだけど、石川さゆりとイチローはとっても仲良し

紅白を通して大きな出会いがあった。07年に「津軽―」を歌う姿をテレビで見たイチローが感激し、翌年の尼崎公演を自身でチケットを購入して訪れた。

「終了後に楽屋でお会いして、私が歌う時の力の入れ方、抜き方がすごいとおっしゃってました。(08年の)打席で自分を鼓舞する曲に『津軽―』をと思ってたけど、ライブを見て『天城越え』にしたいと」

「2007年は超えなければいけない記録がたくさんある」「天城越えで記録超えしたい」「バッターボックスに立つときに使わせて下さい」

「音楽はプレゼントさせて下さい」日本人が大リーグで頑張っていることに対してプレゼントしたいと思って。

・こだわりの激しいイチロー、演歌界の大物にダメ出し

石川は「その当時、明治座公演中だったんですけど、(ギタリストの)マーティ・フリードマンを呼んでスタジオで歌って、録音して曲をプレゼントしたんです」と特別に収録したことを明かした。

今仕事中でメジャーリーグ中継を観られない方々にお知らせしますが、代打出場のイチローはヒットを打ちませんでしたが、石川さゆりと矢野顕子が並んで観戦しています。 pic.twitter.com/zXpoGtVhS1

デモテープを送ったら、「地鳴りがするような音で」と“ダメ出し”された。

 「悔しくて、気合を入れて録音し直したんです。イチローさんがアメリカで活躍し続ける間は必ず応援に行くと約束したので、毎年行ってます」

「ギャンギャンのヘビメタに近い感じの『天城越え』を作って、劇場でお客様が帰ったあとの館内でガンガンにそれを鳴らして、真ん中で聞いて『オッケー、これだったらいいんじゃない』」と納得のいく音源を作成したという。「それをお届けして、というのがスタートなんです」と同音源の誕生秘話を明かした。

▼「ゆず」の北川悠仁は妻の高島彩から初の大トリ抜擢を祝福された

フォークデュオの「ゆず」が、大みそかの「第68回紅白歌合戦」リハーサルの初日(2017年12月29日、NHKホール)に登場。北川悠仁さん(40)さんが、初の大トリ抜擢に妻のフリーアナウンサー・高島彩さん(38)ら家族が喜んでいたと明かした。

北川さんは「家族はびっくりしていました。親戚からも泣きながら電話がかかってきました」とコメント。その上で

「妻もとっても喜んでいます。家で見ていてくれると思います」
と、妻の高島さんも喜んでいたと明かした。

▼TOKIOのリーダー城島茂は年末に結婚したV6の岡田准一をイジった

この日、城島茂はベロア地の黒ジャケットにえんじのパンツにビシッとリーゼントで登場。メンバーから「大御所のオーラがすごい」といじられる一幕も。

結婚の予定を聞かれた城島は「カミサンの話をしたかったんですけど、カミセンが先になっちゃったんで…」と岡田がV6内で活動するグループ「カミングセンチュリー」の愛称にひっかけた渾身の親父ギャグで祝福した。さらに「オッカダびっくり」と速射砲のように繰り出し、なんとも言えない味を出していた。

一応、「同じ釜の飯を食った仲間なので。岡田君は本当に同じジャニーズとしても…」とまじめなコメントもしたが、メモをとる報道陣の手の動きが鈍化。国分から「さっきの(だじゃれの)方が良かったと思うな」とフォローされていた。

1 2