1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

新幹線は乗車率が最大で190%…今年も「帰省ラッシュ」が凄かった

年末年始をふるさとや行楽地で過ごす人たちの帰省ラッシュは29日がピークで、新幹線、空の便、高速道路は夜になっても混雑が続いています。

更新日: 2017年12月30日

7 お気に入り 47299 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○年末の帰省ラッシュピーク

年末年始をふるさとや行楽地で過ごす人たちの帰省ラッシュは29日がピークで、新幹線、空の便、高速道路は夜になっても混雑が続いています。

年末年始をふるさとで過ごす人などの帰省ラッシュで、新幹線は、下りを中心に29日朝から混雑している。

○東名高速で30キロの渋滞予想

高速道路ではいずれも下り線で、東名阪自動車道の鈴鹿インター(三重県)を先頭に16キロ、東名高速道路の大和トンネル(神奈川県)を先頭に15キロの渋滞が発生。

30日も朝から東名高速道路で30キロ、関越自動車道で20キロなどの渋滞が予想されるということです。

高速の下りのピークは30日で、東名高速で30キロの渋滞予想が出ています。

現場とっくに出たのにまだ茨城なんだけど高速混みすぎ帰んの3時間以上はかかるで笑笑

○東海道新幹線は乗車率が最大で190%

JR各社によると、午前中に東京駅を出発する下りの新幹線は、指定席がほぼ満席で、東海道新幹線の一部は、乗車率が最大で190%となっている。

東北・山形・上越・北陸の各新幹線のほとんどで乗車率が100%を超えています。

30日も各新幹線の下りの指定席はほぼ満席で、自由席も混雑が予想されるということです。

四時間くらい立ちなんだけど泣きたい年末の新幹線混みすぎ

○年末年始の国際線利用者は、およそ88万人

年末の帰省、出国ラッシュが本格化し、空の便は29日、混雑のピークを迎えた。

国内線は羽田空港を出発する便の多くが満席となったほか、国際線は成田、羽田両空港からの出国者は約8万1千人と推計される。

年末年始の国際線利用者は、およそ88万人と過去最高になる見込み。

○このニュースにはネットで色々な声が出ている

そういえば何も考えずに飛び出して来たけど今日帰省ラッシュで岡山帰れないんじゃ…?

1 2