1. まとめトップ

死期が近い人がとる不思議な行動や兆候など

今の何?とふと心配になることがあるので、調べてみました。

更新日: 2018年07月24日

14 お気に入り 76913 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

気のせいだよねと思いながらもきになることがあったので調べました。

onochaさん

●顔に出る死相

▼影がさす

顔には凹凸がありますが、普段は凸の部分には影はささないものです。しかし、おでこや鼻、アゴの先や頬の一番出ているところなどに影がさすのです。これが死相なのですが、青っぽい黒なら、まだ時間的余裕があり、真っ黒だとかなり危ないと言われています。

これよく聞きますね。病気などの場合ならしんどくて痩せるかもってのもあるかと思いますけど。

▼おでこに縦線が出る

髪の毛の生え際から眉間にかけて、縦線が出る死相があるそう。これは、アゴを地、おでこが天とするインドのチャクラの考え方。これも、影と同じように色で区別があるそうですが、かなりヤバい死相のよう…。

こんなのもあるんだ。おでこに横線はよく見ますが、縦はまだ見たことないです

▼顔に赤い線がでる

これは、死相とはちょっと違いますが、大きな事故の兆候。この赤い線だけならいいのですが、他の死相と一緒に出た場合には、事故による死を意味する場合もあります。

赤い線?どんななんでしょうね。怖いなぁ

●死が近い人が取る行動

▼手鏡

死期の近い人は、なぜか自分の手のひらや手の甲を、何度も返しながら見ていることが多い、というのは経験的に知られていることなんだそうです。

▼「黒い影」を見る

黒い影というのは、「人影」だったり「黒い塊」だったり「黒い服を着た人」だったり「黒い小人」だったりするそうです。

▼影が薄くなる

死期の近い人は、存在感が薄くなり他の人からは、違う人の様に見えるんだそうです。そして極め付けが、自動ドアに反応しなくなるそうです。

▼線香のにおい

死期が近い人のそばでお線香の匂いをかぐことがあるらしいです。これは霊感がある人限定です。

▼窓を開ける

病を患っている人が窓を開けてと要求してる場合死期が近いそうです。数日で亡くなるケースもあるらしい。

ずっと開けてない場合はってことですよね?

▼おかしな事を言う

死期が近づくと高齢者の方が、おかしな事を言うようになったと言うご家族がおります。たとえば、亡くなった先祖が出てきた、大昔の話をするようになった。など何も分からないご家族は、ボケてしまわれたと思うようですが死期が近づいた高齢者は、幽体離脱しやすくなり多くの霊を感知するようになるのであります。

●死神がついているかどうか知る方法

親指がわかりやすいでしょう。親指に力がある間は死にません。高齢者の方の手を握ると握り返してくる時に、手の親指の第一関節に力が入ってないと死神がついている可能性があります。

●死の兆候

1 2