1. まとめトップ

否定ばかりする人に対しての対処法

何でもなぜか否定から入る人がいます。そんな人は相手をイラッとさせるだけで嫌われるものですが、職場などどうしても関わらなければケースが社会にはあるものです。そんな時にどう対処すればイライラせずに済んだり、上手くやり過ごせるのでしょうか?

更新日: 2018年05月09日

5 お気に入り 15646 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

■なんでも否定から入る人は嫌われる

何でも否定する人と話すとイラッとしますし、気が滅入ってしまいます。当然嫌われます。

・「すべて真っ向から否定するから、イライラする」(25歳男性/電機/技術職)

・「話した意味がないと思ってしまう」(27歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「否定する人とは会話にならないと思っている」(30歳女性/金融・証券/営業職)

■いつも否定ばかりされるとイライラし、気が滅入ってしまうもの

否定する相手の心理の裏側にどんなものがあったとしても、会話をしている相手から否定されるというのは いい気持ちがすることではありません。

しかもそれが慢性的な状態になると本当に気が滅入ってきます。

・感情的にならない

否定されるとムカつくけど、感情的になったら終わりです。
喧嘩になるだけ。相手は否定しただけだったのが、どんどん攻撃的になります

・フェードアウトする

これが自分自身を守るためには1番良い方法です。
徐々に徐々に距離を置くようにして、フェードアウト。
否定する人からの被害を受けなくするのが精神衛生上は最も大切です。

・憐れむ

否定された自分の気持ちを救うために有効な手段です。
「こんな表現しかできなくて、なんて可哀想な人なんだ…」と思うと、 自分を貶められずに済みます。

・哀れみを実際伝える

「いつも否定ばかりするね。何だかかわいそうな人生だね」と実際に相手への憐れみを伝えるのも悪い方法ではありません。
恐らくそうした言葉にも否定が返ってくるのでしょうが それに対しても「やっぱり否定形なんだ、かわいそう」と一言付け加えておきましょう。

そもそも相手の話を否定する人は、「相手より上に立ちたい」心理があるので、そうした自分を憐れまれると、とても落ち込むことと思います。

・自信を持って対応

人が同意してくれないと嫌な理由は、相手に自分が間違っていると言われているような気分になるためです。
誰かに否定的な言い方をされたからといって、必ずしもあなたが悪いわけではありません。
ただ単に、その人と意見が違うだけなのです。
人に気持ちをわかってもらえないことがあっても、むやみに落ち込まないようにしましょう。

・無理やりでも褒めてみる

否定ばかりする人は、基本的に自分が大好きで他人を見下してる人が多いので、無理やりでもほめてあげる。
ほめられることで自尊心が満たされ、こっちのことを嫌いじゃなくなり否定してこなくなる。

・納得させる

否定的な人が納得せざる得ない状況を作ればいいです。否定的な人が反論できない状況を作れば否定する事を諦めざるえないです。

ビジネスであれば否定的な人を納得させることも必要です。ビジネスの中でいえばとても重要なことです。仕事の1貫でもあります。

納得させるという言葉はどこか高圧的な感じが多少しますが、相手が心から納得してもらえたなら、何も問題ないです。納得してもらえる要素があるなら、しっかり相手に納得させてあげるのも相手の為です。

・情熱を伝える

人は感情や情熱といった部分に影響されることがあります。それは理論的に考える人には理解しにくい事なのかも知れませんが、実際にそう言ったケースはあります。

否定的な人も情熱的な態度や考えに負けてしまう時もあります。情熱でなんとかなることも少なからずあるという事です。

・自分を下げる

本当の意味で自分を下げる必要はありません。否定から入る人への穏やかな対処法のひとつとして、参考にしてください。その理由として、否定から入る人の中には、相手の事を、自分よりも格下で、その意見は正しいものではないという思い込みがある方々がいるから。ですから、上から目線の話し方をする人も多いでしょう。

1 2

関連まとめ