1. まとめトップ

株主優待券を金券ショップに売ると利回りが30%を超えることも

株主優待を金券ショップで売れば利回り5%超えも珍しくありません

更新日: 2018年01月07日

1 お気に入り 8907 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

uhiさん

株主優待券は金券ショップで売ることができる

多くの金券ショップでは株主優待券を扱っています。今回は配当金と株主優待券の買取価格を合わせた実質利回りの高い銘柄を紹介します。
高配当株は人気が高く、思いのほか利回りもそれほど高くはなりません。しかし、金券ショップで買い取ってもらうことを含めて利回りを計算すると年5%を超える実質高配当の優待株も多いのです。

*2017/12/30時点での株価を参照します

*2017/12/30時点のアクセスチケットでの買取価格を参照します

利回り30%超えの銘柄とは!?

【8173】上新電機

株価  4,010円
配当利回り 0.8%
最低購入代金 4,010円
優待品 買物優待券×25枚(5,000円分)
権利確定日 9月末

単元未満株で購入すべし!

上新電機は本来100株単位での購入が可能となっているのですが、これを単元未満株取引で1株だけ買います。上新電機は「すべての」株主に優待券を配っているため、買い物優待券5000円分が手に入るのです!

合計利回りは31.97%!!!

1株だけ購入したときの利回りは脅威の30%超え。自分で優待券を使えば元本4000円で5000円の買い物券が手に入るので利回りは100%を超えますね。

計算方法は以下の通り

配当金+優待券買取価格=実質配当 として計算
32+1250=1282

実質配当÷購入価格=実質利回り(%)
1282÷4010=31.97(%)

以下同様に行っています

3年後には利回り18%を期待できる今注目の銘柄

【3086】J.フロント リテイリング(株)

株価  2123
配当利回り 1.51%
最低購入代金 212300円
優待品 自社グループ百貨店での10%割引券
権利確定月 2・8月

3年保有で買取価格UP!利回り6.22%→18.46%に

100株の保有で以下のように優待券がパワーアップします。
継続保有3年未満:10%割引券(50万円まで)
継続保有3年以上:10%割引券(150万円まで)

これにより、金券の買取価格が大幅に増加して利回りが
6.22% → 18.46% に!

3年保有しなくても利回り6%は普通にスゴイ!

利回り18.46%は3年保有が前提ですが、3年未満でも6%超えというのはかなり高い水準ですね。

その他の利回り5%超え銘柄

上記の計算方法で利回りが5%を超える銘柄を紹介します

【7918】ヴィア・ホールディングス(利回り6.02%)

株価  748
配当利回り 0.67%
最低購入代金 74800円
優待品 お食事券(100株以上5,000円相当)
権利確定月 3・9月

【9831】ヤマダ電機(利回り5.80%→8.21%)

株価  621
配当利回り 2.90%
最低購入代金 62100円
優待品 買物券(100株で年間3000円相当)
権利確定月 3・9月
1年保有・2年保有でそれぞれ買物券の枚数がUP!
利回りは8%超えまで成長します!

【6412】平和(利回り5.67%)

株価  2116
配当利回り 3.78%
最低購入代金 211600円
優待品 ゴルフ場利用券(100株で年間15000円相当)
権利確定月 3・9月

【2762】三光マーケティングフーズ(利回り5.24%)

株価  992
配当利回り 1.61%
最低購入代金 99200円
優待品 買物券(100株で年間6000円相当)
権利確定月 6・12月

1 2