1. まとめトップ
  2. 雑学

大晦日だからこそ考えたい2018年に向けての「金運アップ」術

大晦日の今だからこそ考えておきたい2018年の金運アップ術をまとめました。

更新日: 2017年12月31日

98 お気に入り 95282 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

皆さんにご利益がありますように…。

・大晦日に行う大掃除

年末に行う大掃除は、正月にやってくる神さまに失礼のないようにお迎えする意味があります。

風通しがいいなど、水がスムーズに流れるなど、スムーズに巡っている状態でこそ運気も上昇していきます。

・特に掃除したい金運アップに関係のある場所

金運をアップさせるという意味で、家の中の整理整頓もまた手っ取り早い開運方法の一つ。

入り口から見て対角線の角は風水で「財位」と呼ばれる、金運を左右する場所。

ここがゴチャゴチャしていたり、不要なものが積み上げてあったりすると、金運は部屋にとどまることができない。

水回りでは、トイレが重要です。トイレが汚れていると健康に害を及ぼすとも言われていますので、清潔にしておきましょう。

またトイレは「御不浄」とも呼ばれることがあり、風水的にはトイレの掃除をすると、汚いものを綺麗にするので徳が積めるとも言われています。

・財布の中身も掃除しよう

財布の扱い方と金運の関係性はよく知られており、財布を使うのであればやはり金運がアップする使い方をしたいもの

帰宅しましたらまずはカバンから取り出して、「お疲れさまでした」と心で声を掛けながら、中のレシートを抜いてあげましょう。

有効期限切れのポイントカードやクーポンなどは、年末のこの機会に整理して、金運アップと好感度アップを目指しましょう。

・年越しそばで金運アップ?!

年越しそばは、江戸時代から始まった風習とされ、月末にそばを食べる晦日そば(三十日そば)の風習が、大晦日だけ残ったものと言われています。

そば、うどん、パスタなど細くて長いものは、恋愛運や金運をアップさせる効果もあるとされています。

ネギは「ねぐ」と言って、「祈る」という意味もあります。願いが叶うよう、ネギも添えいただきましょう。

・さらに初詣に選びたいこんな場所

風水的に計算されているといわれる「北海道神宮」は、「第三鳥居」をくぐって参拝すると金運がアップすると話題。

1 2

関連まとめ