1. まとめトップ

聞く側はウンザリも!愚痴が多い女性の特徴

口を開けば自分お筝ばかりでしかも愚痴ばかりという女性は少なくありません。聞く側にとっては嫌気が差すわけですが、慰めれば否定し、肯定しても怒り出す…なぜこんなに面倒なのかと思う程ですが、なぜ愚痴ばかり多いのでしょうか?

更新日: 2018年01月23日

3 お気に入り 2532 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

■愚痴が多い女性にもいろいろタイプが!

相手を信頼しているから愚痴も尾くなるケースや自己愛が強いだけ、他人の愚痴には興味なし‥様々なタイプがあるようです。

・自己愛の強さ

愚痴が多い人の会話を聞いていると、よくこんな言葉を耳にすることがあります。

「この前ミスったのはあいつが悪い」「あの時あいつがああしていれば…」といった発言が多く見られ、この発言からわかることは、いかにも自分が優秀であるにもかかわらず、相手がミスをしたので相手が悪いという本音が見られます。

愚痴が多い人に共通して見られる発言というのは、「自分のせいではなく誰かが悪い」という発言であり、うまくいかないことに対しての怒りの矛先が、相手に向かっているという心理メカニズムが考えられます。

なぜこのように、誰かのせいで自分はうまくいかなかったと思い込んでしまうのかといえば、原因は強すぎる自己愛にあります。

・自分で問題を解決しようとしない

愚痴が多い人の特徴として、まず挙げられるのが、
・人の話を聞かない
・人にやってもらうことばかり言ってくる
・人に頼ってばかりいる

これらの特徴の共通点として、愚痴が多い人というのは、自分で問題を解決しようとせず、人のせいにしたりすると考えられます。

・ストレス解消

自己愛が強い人ほど愚痴が多い人が多いと考えられるもう1つの原因として、ストレス解消が考えられます。

自己愛が強い人ほどプライドが高かったり、自分の能力が高いと思い込んでいるので、職場や学校などで自分が思い描いた通りにならなかったことに腹を立てたり、さらには自分の意見を共感してくれない人に大きなストレスを感じてしまうのです。

だからこそ、普段から溜まりに溜まった鬱憤を愚痴という方法で解消し、心をスッキリさせる代わりに、愚痴が多い人であるというイメージがついてしまうというわけです。

・根拠のない自信がある

根拠のない自信とは、「あいつがミスったけど、俺なら絶対に成功していた」といった愚痴のことであり、なぜ自分なら成功できたのかという根拠はないけれど、自分であれば必ず成功できたという根拠を持っている人のことです。

こちらも自己愛が強すぎる人の特徴であるとよく紹介され、自分は特別に優れている人間であるとか、自分は能力が高いといった間違った思い込みが原因で、こうした言動に繋がると考えられます。

一方で、根拠のない自信というのは時として大成功の秘訣ともなり、自分に大きな自信を持っていたり、根拠のない自信をきっかけに新たなビジネスを始め、それが大成功への道へと繋がることも珍しくはありません。

・否定に怒りを表す

愚痴が多い人というのは、とにかく自分の考え方や意見を否定されることが嫌いであり、怒りをあらわにしてまでも周囲を納得させようとする人もいます。

特徴的であるのは、自己愛が強い人ほど「自分が勝てる分野での勝負しかしない」という部分であり、このタイプは負けることを極端に恐れています。

だからこそ、否定されると異常に腹が立ち、自分という人間を拒否されたという思い込みや恥をかいたという思い込みから、怒りをあらわにしてしまいます。

・自虐的であり他人がうらやましい

愚痴が多い人というのは、自分に対してネガティブな劣等感があるものです。

その自分の心の弱さを他人などに向けて、一生懸命自分に対する劣等感を感じさせないように努力しているとも言えます。

他人を責めているうちは、「自分は悪くない」「不愉快の原因は自分ではなく他の何かだ」という感情によって劣等感につぶされないように必死になっているかもしれません。

そして、自分に対する劣等感、ネガティブ思考、自虐的発想というのは、他人への妬みが根底にあります。

他人への妬み、周りの目などが、自分の中でマイナスに働き、そして必要以上に肥大してしまうところがあるのです。

・誰にでも愛想がいい八方美人

誰にでも愛想がいい八方美人も、愚痴が多い特徴があります。こういった特徴の人は、人付き合いで無理をしているからこそ、愚痴が多いのでしょう。普段ニコニコしている人ほど、裏表の違いがはっきりしています。

・他人の愚痴は聞かず

自分に余裕があるときは聞いてくれますが、そもそも他人の愚痴には興味がありません。

たとえ愚痴の内容がお互い共感が持てて盛り上がったとしても、それはあくまで自分の愚痴を一緒に吐き出せるからであり、他人の愚痴に聞く耳をもっているからではないのです。

仮に共感して盛り上がったとしても、途中で愚痴の内容が切り替わればすぐに自分の愚痴に戻ったり、適当な相槌を打って流そうとします。

愚痴が多い人というのは自分の愚痴にしか興味がないのです。

■心許せる友人・信頼ある人だから愚痴を?

愚痴が多いといっても、二人の関係性次第では、その人にしか心を許せないという可能性も当然考えられます。

お互いに信頼し合える関係であれば、愚痴を聞いてもらいやすく、気が合うのでストレスなく会話を進めていくこともできますよね。

特に女性は共感性が高く、会話をすることで定期的にストレスを解消する傾向が見られるため、女子会などで愚痴を言い合うのも、実は女性脳が深く関係しているのです。

1