発行量が8400万枚と多い。
総発行量が決まっていることは、過度なインフラを防ぐためです。ビットコインの4倍の量ですが、銀のように一般的に浸透しやすく、最終的に高騰しにくくする、という意図のようです。

Script(スクリプト)方式を採用している。
Scriptとはハッシュの計算方式のことで、取引スピードを速くして、マイニングを効率よくできるというものです。

Segwitが実装済。
最近最も投資家の注目を集めた、ビットコインの大きな問題点の一つ、スケーラビリティ問題のSegwitを、ライトコインはすでに実装しています。

マイニングの電力を抑えられる。
ライトコインはビットコインよりマイニング電力を抑える事が可能となっています。
金よりも銀の方が採掘が簡単で多くの量を採掘できるように、ライトコインもビットコインより簡単で多くの量を採掘することができるようです。
マイニングが簡単に行えるという事は、一部に富が集中しないようになっているとも言えます。

出典仮想通貨 ライトコイン(Litecoin)の特徴と将来性

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【仮想通貨】これから伸びるかもしれない草コイン一覧

仮想通貨元年といわれた2017年。これから伸びるかもしれない仮想通貨=草コインをまとめました。取引所はバイナンス等でどうぞ

このまとめを見る