1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

知っておこう!2018年に変更となる「お金」にまつわる制度

2018年から変更になる税金などのマネーに関する制度がいくつかあります。損しないように事前にチェックしておきましょう!

更新日: 2018年01月01日

181 お気に入り 99501 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■2018年から「お金」にまつわる制度がいくつか変更されます

2018年も引き続き、私たちの働き方や暮らしに関わる制度の改正が行われます

■損しないように、変更点をしっかりチェックしておきましょう!

配偶者控除の年収要件が変更

配偶者特別控除を拡大することで、就業時間を調整することなく働ける仕組みを構築する目的で、配偶者控除及び配偶者特別控除が、2018年1月以降改正されます

配偶者控除がこれまで103万円となっていたために、働く主婦には103万円の壁と呼ばれるものがありました

パートタイマーやアルバイトの方が「税金の負担を安くしたい」と考えて働き方をセーブするのが一般的な考え方となっていた。

この「103万円の壁」が、女性の社会進出をはばむ原因の1つだとされ、今回の「配偶者控除(配偶者特別控除)」の改正に至りました

給与所得控除の改正

納税者の年収が1220万円を超える場合、配偶者控除を受けることができない所得制限が設けられた

今までは妻のパート年収が103万円以下の場合、配偶者控除は一律38万円ですが、2018年1月以降は夫の年収が増えると控除額が減少するようになり、夫の年収が1120万円を超えると控除額が0になります

妻が年収を抑えている共働き世帯にとっては優遇されるものの、夫が高所得者であれば控除適応外になる

年収1120万円未満の場合は、これまで通り38万円の控除のままですので、適用されるのはごく一部の高給の方のみ

これまでは納税者の方の収入がどれだけあっても、配偶者の所得が一定以下であれば控除を受けることができましたが、今後は高所得者は配偶者控除が受けられなくなります

本人(夫)の給与年収が1220万円を越えている場合、配偶者(妻)が専業主婦、またはパート勤務などで配偶者控除、配偶者特別控除を受けていれば、2018年からは増税となります

「つみたてNISA」がスタート

「つみたてNISA(積立NISA)」とは、2018年からはじまる新たな少額投資非課税制度

少額からコツコツ投資ができますので、資産運用は初めてという方でも気軽に始められます

投資初心者でも非課税のメリットを受けながら資産形成を図ることができます

つみたてNISAは現行のNISAと同様に売買益等の投資収益が非課税となることは同じですが、つみたてNISAは積立投資のみ、そして非課税期間が20年であることなどが大きな違い

1 2