1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

この記事は私がまとめました

nomado-kimocさん

建長寺

巨福山建長興国禅寺は、鎌倉五山第一位の臨済宗・建長寺派の大本山です。北条時頼が、建長五年(1253)に宗から来日していた高僧・蘭渓道隆を招いて建立したわが国最初の禅寺。

創建当時の伽藍配置は,総門、三門、仏殿、法堂などの主な7つの建物が中軸上に並ぶ中国の禅宗様式の伽藍配置になっており49の塔頭(小寺院)を有する大陸的な荘厳なものでした。

円覚寺

文永・弘安の役の戦死者を慰霊するため、北条時宗が無学祖元(仏光国師)を招いて1282年(弘安5)に創建。

門に至る杉木立の階段が印象的。鎌倉五山第二位。臨済宗円覚寺派大本山。

寿福寺

寿福寺は、正治2(1200)年、源頼朝夫人・政子が、前年に亡くなった夫・頼朝の供養の為に創建した古刹。鎌倉五山第三位で五山のお寺の中で最も古い歴史をもちます。

開山は臨済宗の祖、栄西禅師。栄西は、二度にわたり入宋し、帰朝後、寿福寺を拠点に鎌倉幕府の庇護を得て禅宗を広めるとともに、『喫茶養生記』(寿福寺寺宝)を著し、茶の効用を伝えました。

ここは鎌倉にある寿福寺 来月の鎌倉散策に寄る予定だが、すごくいい雰囲気で神々しい所で心が洗われるよーな場所です 結構有名なお寺さんです pic.twitter.com/wTYGfyf1WT

浄智寺

1281年に北条宗政(第5代執権北条時頼の3男)の妻子が創建。鎌倉五山第四位。緑に囲われた境内は国指定史跡。

総門の前には鎌倉十井の「甘露ノ井」がある。境内には鎌倉江ノ島七福神の布袋尊(不老長寿の神)が祀られている。

鎌倉、浄智寺にて。 庫裏前のお庭。さすがにお花はありませんでしたが、紅葉に彩られていました。 pic.twitter.com/bCI0ufZvWG

浄妙寺

1 2