1. まとめトップ

仮想通貨】億万長者になったら納税が大変だった 確定申告 ビットコイン リップル コインチェック税金

1億円を日本円に換金したら税金でめちゃくちゃ面倒なことになった。脱税すると税率99.6%!9960万円も納税で手元に40万円しか残らない!更に罰金500万円!ビットコイン=すべての仮想通貨。リップルやネム、XPコイン、TRXもADAコインも国税庁から「ビットコイン」と呼ばれる。億り人は必ず納税しよう

更新日: 2019年02月26日

35 お気に入り 258048 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

寝て起きたら総資産が倍になっていてめちゃくちゃびっくりした 仮想通貨の世界では1日20%~150%アップが当たり前だからわけがわからないよ 仮想通貨利益の税率=55%が一人歩きしすぎ所得税率は利益195万円以下なら5%です 消費税よりマシです 4000万円超えから所得税率45%

魔改造RCI3linesと新型そこが底インジケーターの的中率がすごい!

仮想通貨ビットコイン FX 

チャート分析 テクニカル分析
「逆三尊(トリプルボトム)」2018年2月26日

教科書のお手本のような見事な逆三尊です

教材に使えるレベル

https://twitter.com/yoshinakkuru/status/967806034176753664


イラストは
「ふたりはプリキュア Splash Star」
日向咲とその妹、日向みのり
「ほいさっさあ 昇竜拳」で有名

★暴落後はスーパーボールのようにリバウンドします より価格があがります

前日比マイナス30~80%の暴落は毎週、毎月あります

仮想通貨は

買ったら2ヶ月は売らない 1年間は売らない!

仮想通貨は定期預金だと思え! が一番の正解

狼狽売り(ろうばいうり)
=暴落時に売ってしまうパニック売りが一番いけません

経験して始めて分かると思います

なんと暴落してもより高く上昇するんです

買った価格以上で売りましょう

https://twitter.com/yoshinakkuru/status/954207496419160064

国税庁に税金について聞いてみた!
コインチェックのNEM460億円補償に対する税金はどうなるの?

・日本円で補償される場合、雑所得

・もしNEMでの補償に変更になった場合も課税
(国税庁担当職員でもまだ言い切れない)

・もし補償金が返ってこない場合でも、控除や救済措置は一切なし

うーん・・・ 強制利確で強制的に納税させられるとは…
Coincheckで
億り人になった人は
納税額で税金破産してしまう人が出て来る可能性がある

控除も救済措置もありません。納税しなければいけません。脱税はバレます。
(日本国内の仮想通貨取引所は警察と国税庁と金融庁に協力する義務があります)

1年後に見るとすべての暴落はわずかなへこみでしかない


「 買ったら最低でも2ヶ月は売るな!! 」

または

「 買ったら1年間は売らない! 」

これが初心者の勝利の秘訣

経験してみないとわからないと思いますが、

暴落したら二度と回復しないかもと冷や汗が出ますが、

仮想通貨は純金と同じで発行枚数の制限がありますので

年間で見ると右肩上がりです

★ すべての暴落は
★ 1日~2ヶ月以内に
★ 全回復どころか最高値更新し続けます

https://twitter.com/yoshinakkuru/status/954215735047286785

ビットコインキャッシュ 50枚(1460万円)

ビットコイン 100枚 (1枚177万円)
(※※※★ 1億9537万円 ★)たったのビットコイン100枚で億万長者

イーサリアムクラシック 2525枚
986万円

イーサリアム 85枚
994万円

ファクトム 296枚
235万円

リスク 819枚
213万円

ライトコイン 728枚
2055万円

ネム 46497枚
1040万円

リップル 114514枚
4543万円

億り人 億万長者 確定申告
#XRP #XEM 1コイン0.7円(2017年1月)~30円(2017年11月)

合計で額面3億1000万円

手取りで1億3000万円(所得税45%) 税金高すぎィ!

★課税所得 2億2000万円

所得税率 45%
復興所得税率 0.95%
税控除額 479万6000円
所得税 9628万3000円
住民税 2200万円
累計税額 1億1828万3000円
実効税率 53.77%

★税引後金額 1億171万7000円(手取り)

所得税率は利益195万円以下なら5%です 消費税よりマシです  利益330万円以下なら10% 4000万円超えから所得税率45%

「仮想通貨の利益は、半分税金でなくなるよね?」
と毎日聞かれる

仮想通貨利益の税率=55%が一人歩きしすぎ

所得税率は利益195万円以下なら5%です 

消費税よりマシです 

4000万円超えから所得税率45%

利益195万円以下なら5%

利益330万円以下なら10%

利益695万円以下なら20%

利益900万円以下なら23%

利益1800万円以下なら33%

利益4000万円以下なら40%

利益4000万円超えなら45%

ビットコインを「保有している」状態では課税対象にはならない
ビットコインなどの仮想通貨は、日本円に換金した時点で「利益が出た」とみなされ、確定申告が必要になります。

そのため単にビットコイン(仮想通貨)を買ったorビットコイン(仮想通貨)を保有している状態では、確定申告する必要はなく、課税対象とはなりません。

つまり利益確定したり、「お金」や「モノ」に変えなければ、納税の義務は生じません。

ビットコインの将来性に賭け、十数年後の値上がり益に期待して、長期的な資産運用を行う人は税金の心配をする必要はありませんね。

ガチホ(高騰、暴騰しても暴落しても売らない)は税金面に関しても最強

暴落時に仮想通貨、コインを売ってしまう「狼狽売り」が最も損します

仮想通貨の世界では「狼狽売り」「損切り」が最も悪手です
相場は12時間~1週間以内に回復し最高値を更新します

ちなみに
日本の国内の取引所は最高で売買手数料10%以上取られるので売買しすぎると利益がなくなります

仮想通貨の利益の税金の計算
 雑所得(事業所得)になる場合
雑所得には控除額等は設けられておらず、原則として全額課税となります。ただし、年末調整を行っており確定申告を行う必要のない給与所得者については給与所得以外の所得が20万円を下回る場合は、申告義務がありません。

つまり、「売値 – 買値」が20万円以上になると例外なくすべての人に申告義務が発生するので注意しましょう。

★1日に何度も売却&買い直し、
他のコインに両替をしているとあっという間に20万円超えます

➁譲渡所得になる場合
譲渡所得には50万円の特別控除枠があるため、50万円以下の利益には課税されません。ただし、譲渡所得全体で50万円のため、仮想通貨以外で所得がある場合には、すべて合算して50万円以下の場合のみ非課税となります。

「譲渡所得 = 収入 – (購入価格 + 手数料等経費) – 50万円(特別控除額)」となります。
収入が20万円を超えた場合、確定申告をしなければなりません。
税率は、総合課税であるため他の給与所得等との合算で計算することになります。

https://coincheck.com/ja/exchange/closing_prices

https://twitter.com/yoshinakkuru/status/947541784850075648

2017年1月1日 リップル(XRP)27円
2017年12月30日 リップル(XRP)274円

一ヶ月で10倍でした
1000万円投資していたら1億円!?

コインチェック株式会社(旧レジュプレス株式会社)は手数料でかなり儲かっているだろうなぁ 

売りと買いの手数料合わせると10%近く取られる

FXの所得は「雑所得」というものに分類されます。
この「雑所得」には「繰越控除」という、損した人ほどお得になる権利が用意されています。

これを活用すれば今年の損失分を来年~3年後までの利益と相殺し、課税対象の金額を減らすことができるのです。

確定申告しなかった場合よりも60万円もお得ということになります。

さらに、法人化することによって繰越期間が9年間まで伸びます。
繰越控除の期間が長ければ長いほど取り返すチャンスも増えるので、ハイリスクな取引も堂々と挑戦できます。

仮想通貨は脱税不可能です! 脱税がバレると5~7年分もさかのぼって請求されます

-申告漏れ54万~→手紙が送られてくる(簡易接触)
-申告漏れ373万~→税務職員が来訪してくる(着眼調査)
-申告漏れ877万~→税務職員が大勢やってくる(特別・一般調査)
-申告漏れ7600万~→脱税犯として刑事告訴される(査察調査)

となっています。尚、これは1年に稼いだ金額ではなく最大5年(悪質な場合は7年)遡ったうえでの申告漏れ所得「総額」です。

ビットコインをドルに換えたら課税対象にならないんじゃない?
日本円じゃなくても課税対象になるぞ!例えばビットコインをドルに換えて利益が出た場合、その時点の日本円のレートに換算した金額が課税対象だ。

アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)でトレードし、利益が出た人も課税対象です。

要は仮想通貨をほかの通貨に移動すると、確定申告の必要が出てくるということ。

1億円の「脱税」をすると99.6%も納税する羽目になります 1億円あったはずなのに9960万円も納税しなければならず、手取り40万円しか残らない・・・

絶対に確定申告をしましょう 国税庁職員が突然家にやってきます

仮想通貨リカコはきちんと申告しないとこれが来ます。 100万以下でも動くとか、税務署本気出しすぎw pic.twitter.com/ZD35snOSvu

利確(利益確定
仮想通貨をドルや円に換えたり仮想通貨で仮想通貨を買っても課税対象です)

納税は最長5月31日まで延納可能。ただし、4月20日までは半額支払う必要があり、残りには年1.6%の利子税がかかる。詳しくは最寄りの税務署へ。

➀給与収入が2,000万円を超える人
➁給与所得以外に副収入があり、その所得だけで20万円を超える人
➂2か所以上の会社から一定額の給与を得ている人
➃同族会社の役員やその親族で、会社から支払われる地代、貸付金の利子等による所得が発生する人
➄個人事業主の使用人などで源泉徴収が行われていない人
➅「退職所得の受給に関する申告書」を提出せずに退職金を受け取り、税率20%の源泉徴収された人で、源泉徴収税額が正規の税額よりも少ない人
➆被災者において、災害減免法により源泉徴収税額の徴収猶予や税金の還付を受けた人

参照:給与所得者で確定申告が必要な人|国税庁

仮想通貨で利益を得た人は①や②に当てはまることが多いため、確定申告をおこなう必要があります。ビットコイン(BTC)の利益は、「雑所得」もしくは「譲渡所得」として確定申告するが一般的だそうです。

2018年 雑所得扱いにされることが多い

仮想通貨⇒他の仮想通貨の利益計算
仮想通貨を他の仮想通貨に交換(例:BTC⇒ETH)した場合も、その仮想通貨を売却した時と同様に利益計算を行います
(1BTC100万円で買い、110万円の時に1BTCをETHに換えたら10万円の利益確定)。

ハードフォーク(分裂・分岐)通貨の取り扱い
ビットコインキャッシュやビットコインゴールドなど、ビットコインの分裂によって自動的に付与された通貨は「付与時点で取引相場が無いため、取得価額は0円とみなす」とされています。

つまり、売却や交換時にはじめて利益が計上されるということですね。

所得税額はその年の所得(収入-費用)が一定の額(195万、330万、695万、900万、1,800万、4,000万)を超えた時に税率が上がります。

あなたの仮想通貨利益を除いた今年の所得が650万円になる見込みであれば、45万円までは仮想通貨を利確しても税率が変わらないので、その範囲に抑えるよう調整します。

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨投資による利益の確定申告の3ステップ

①1月〜12月のビットコイン(BTC)の利益を計算する

1月〜12月の1年間で得たビットコインの利益(売却値ー購買値)を計算します。複数のウォレットでビットコイン(BTC)を管理している場合は、すべてのウォレットで利確した合計の金額を計算しなければいけませんが、ビットコイン(BTC)からドルや円などの法定通貨や、モノに交換していない利益は計算に含める必要はありません。


3つのウォレットA・B・Cを利用していた場合(すべて日本円に換えたとする)
この1年間でビットコインの購入に10万円を支払ったとします。さらにウォレットAで保管しているビットコイン(BTC)が70万円、ウォレットBで保管していたビットコイン(BTC)は10万で、ウォレットCで保管しているビットコイン(BTC)は現在10万円です。

この場合、70万円+10万円+10万円(ウォレットABCで保有しているBTCの合計)-10万円(始めにビットコインの購入に支払った金額)=80万円(ビットコインの利益)となります。


ビットコインの利益80万円に対して課税されます。しかしもしビットコイン(BTC)の利益をドルや円などの法定通貨や、モノに交換せずにビットコイン(BTC)として保有している場合は税金がかかりません。

仮想通貨⇒他の仮想通貨の利益計算
仮想通貨を他の仮想通貨に交換(例:BTC⇒ETH)した場合も、その仮想通貨を売却した時と同様に利益計算を行います(1BTC100万円で買い、110万円の時に1BTCをETHに換えたら10万円の利益確定)。

これは投資家の間で大きく揺れていた問題だったのですが、まさかの「仮想通貨同士の交換を行った時点での課税」…。「BTC⇒ETH⇒日本円」の時点じゃないのです。

これが意味することは、「一度通貨を買ったら、法定通貨にも他の仮想通貨にも換えずにホールド推奨」ということです。じゃないとガンガン課税されるかも…。



「ガチホ最強説」とGoogle検索すると
大暴落(1日で50%以上下がる)しても
手数料と納税額、相場の回復力(1週間で150%~200%アップ)を考えると一度買ったら売買しないのが最強ということが分かる
日本円を入金し続けて大暴落時をお買い得セールだと言って買い足すのが総資産を増やすコツ

なお、仮想通貨市場ではJPY(日本円)建てじゃ買えない仮想通貨がほとんどなので、その場合は取引所のレートではなく、Coingecko等のJPY換算の数値を用いて計算するといった手間が必要になります。

※税金の根拠資料は、客観的に計算根拠と認められるものであればOKなので、必ずしも取引所の交換レートを用いる必要は無いのです。


大暴落時にチャットのうろたえ具合を見て狼狽売りすると大損します

②利益が20万円を超えた場合、翌年の2月15日〜3月15日の間に確定申告する

確定申告は全国の税務署や市町村の税務課などで申告することができます。また確定申告期間中に確定申告相談会場が設けられる地域もあります。どこで相談所が開設されるかについて税務署や市町村に問い合わせるか、国税庁のサイトでも確認することができます。

ビットコイン(BTC)の確定申告のための準備
➀申告書(確定申告書A)
※事業所得や不動産所得のある方、分離課税、損失申告書を提出する方は確定申告書Bも必要になります
➁添付書類(源泉徴収票)
➂必要な書類
・医療費の明細書(医療費控除を受ける場合)
・生命保険料・損害保険料の控除証明
・他に所得や所得控除を受ける場合は、必要な書類を用意
➃ビットコイン(BTC)取引に関する書類
・仮想通貨の入金・出金明細書
・各ウォレットの残高のスクショ(スクリーンショット)
・ビットコイン(BTC)取引履歴のスクショ(スクリーンショット)

③5月頃に住民税を支払う

1 2 3 4