ビットコインを「保有している」状態では課税対象にはならない
ビットコインなどの仮想通貨は、日本円に換金した時点で「利益が出た」とみなされ、確定申告が必要になります。

そのため単にビットコイン(仮想通貨)を買ったorビットコイン(仮想通貨)を保有している状態では、確定申告する必要はなく、課税対象とはなりません。

つまり利益確定したり、「お金」や「モノ」に変えなければ、納税の義務は生じません。

ビットコインの将来性に賭け、十数年後の値上がり益に期待して、長期的な資産運用を行う人は税金の心配をする必要はありませんね。

出典ビットコインに税金がかからない方法!仮想通貨の税金について解説 | 俺たち株の初心者!

ガチホ(高騰、暴騰しても暴落しても売らない)は税金面に関しても最強

暴落時に仮想通貨、コインを売ってしまう「狼狽売り」が最も損します

仮想通貨の世界では「狼狽売り」「損切り」が最も悪手です
相場は12時間~1週間以内に回復し最高値を更新します

ちなみに
日本の国内の取引所は最高で売買手数料10%以上取られるので売買しすぎると利益がなくなります

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

仮想通貨】億万長者になったら納税が大変だった 確定申告 ビットコイン リップル コインチェック税金

1億円を日本円に換金したら税金でめちゃくちゃ面倒なことになった。脱税すると税率99.6%!9960万円も納税で手元に40万円しか残らない!更に罰金500万円!ビットコイン=すべての仮想通貨。リップルやネム、XPコイン、TRXもADAコインも国税庁から「ビットコイン」と呼ばれる。億り人は必ず納税しよう

このまとめを見る