1. まとめトップ

今年の抱負はダイエットの方!2018年ダイエットトレンド

2018年のダイエットのトレンドや流行の予測、また、2017年に話題になったダイエットをまとめました。

更新日: 2018年02月20日

3 お気に入り 1933 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

今年のダイエットトレンド予測をまとめてみました。

mimiko_11さん

2017年のダイエットトレンドはこんな感じでしたね。

ベビーフードダイエット。

ベビーフードは赤ちゃんの食べ物だけあって、栄養のバランスがともて高いのが特徴です。

また、ペースト状になっていることから、消化がしやすいため胃腸への負担が少なく疲れた胃腸を休ませ、体内を浄化し、リバウンドが少ないとされています。

その為、ダイエット食材として向いているんです。

ゆるい糖質制限ダイエット

糖質は1食あたり20〜40g。

ゆるやかな糖質制限を目指す「ロカボ食」では、1食あたりの糖質量を20〜40g×朝昼晩の3食+1日10gまでの間食がOK。

合計すると1日の糖質量は70〜130g。

日本人の1日あたりの糖質摂取量の平均は270〜300gなので、ロカボ食はその半分弱。

糖質をゼロにせず、1食あたりの糖質量の下限と上限があるのもポイントだ。

梅干しダイエット

毎日梅干しを3個食べる人は食べない人と比べると、BMI(肥満指数)が低いことが和歌山の疫学調査によって明らかにされています。

2018年のダイエットトレンド予測は?

2018年理想ボディは「マシュマロボディ」から「アルデンテボディ」へ!


フワフワと柔らく可愛らしい「マシュマロボディ」の人気が続いていました。


女性らしくしなやかな体でありながらも鍛えられた体幹がある、芯の通っている「アルデンテ」のような体=「アルデンテボディ」が2018年の理想ボディとなりそうです。

未知数の「腸内細菌」は益々注目度が高まる


まだまだ知られていないことのほうが多い腸内細菌については世界的にも研究が行われているため、注目度も高まり、それに関連する食材やサプリメントも登場しそうです。

腸内で善玉菌と悪玉菌のバランスが良い状態であれば、落とした体重が維持できるほか、代謝がアップし、食欲がコントロールされ、摂取したカロリーが脂肪細胞に蓄積される事無くエネルギーに変換されると同時に、食の好みも善玉菌が好む野菜や果物、オメガ3を含むたんぱく質などに変わっていく等が報告されています。

いちじくには食物繊維、ビタミン、ポリフェノールなどじつに多くの成分がバランスよく含まれています。

1