1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

思わぬハプニングも…今回の「紅白歌合戦」も話題満載だった

安室ちゃん、まゆゆ、欅坂などなど…今回の紅白歌合戦も大盛り上がりだったようです。

更新日: 2018年01月01日

16 お気に入り 192826 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ピュンマさん

▼豪華なオープニングで幕を開けた「第68回紅白歌合戦」

大みそか恒例のNHK「第68回紅白歌合戦」が31日、東京・NHKホールで行われた。

オープニングは46組の出場歌手と総合司会の「ウッチャンナンチャン」の内村光良さん、白組司会の人気グループ「嵐」の二宮和也さん、紅組司会の女優の有村架純さんがミュージカル映画さながらの渋谷を舞台にした“グランドオープニング映像”で幕開けを飾った。

内村光良(53)は「なんて贅沢なオープニングだったんでしょうか! ここに立っているのウソだろうと思います。夢のよう」とあいさつした。

▼今年も様々なアーティストが登場し、見どころ満載だったみたい

・安室ちゃんの「ラスト紅白」に感動…

9月16日に引退する歌手、安室奈美恵(40)が特別企画枠で、2003年以来14年ぶりに紅白に登場。

純白の衣装で「Hero」を歌唱後には感極まり、目に涙をいっぱいためて口元をおさえた。

「ありがとうございました」という彼女の言葉と共に、NHKホールも大歓声に包まれた。

・AKB卒業となったまゆゆは、念願の「11月のアンクレット」で有終の美!

紅白を持ってAKB48を卒業する渡辺麻友(23)が、自分のラストシングルでセンター曲の「11月のアンクレット」で有終の美を飾った。

曲の最後にステージにマイクを置き、笑顔で手を合わせながら「ありがとうございました」とつぶやいた。

・ウッチャンとコラボした欅坂は、メンバーが過呼吸で倒れるハプニングが…

2年連続2回目出場の「欅坂46」が総合司会のお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」内村光良(53)と「不協和音」をコラボ歌唱した企画で、歌唱後にメンバーの鈴本美愉(20)があおむけで倒れたようなシーンが映った。

紅白現場の関係者らによると、「過呼吸のようだ。救急車を呼ぶような事態には至っていない」という。

体調不良のメンバーは過呼吸によるものでその後の体調の悪化などはないようです。でも今までの疲労などの蓄積もあると思うので心配ですね、 pic.twitter.com/sIaTOXIqmy

・X JAPAN・YOSHIKIは、「紅」でまさかのドラム復帰!

今年5月に頚椎人工椎間板置換手術後を受けたX JAPANのYOSHIKIがこの日、代表曲「紅」でドラム復帰を果たした。

YOSHIKIは決死のパフォーマンスを披露し、演奏後はピースサインでアピールした。

・乃木坂の「インフルエンサー」では、あのヒム子が再び登場!

3年連続3回目の出場の乃木坂46は、前日30日にレコード大賞を受賞した「インフルエンサー」を披露した。

1 2