1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ファンも注目!?藤井聡太四段が推すスピッツの『魔女旅に出る』とは?

フィーバーを巻き起こした中学生将棋棋士の藤井聡太四段。藤井四段は「スピッツ」のファンから、にわかに注目を集めている。好きなアーティストととして、スピッツを挙げており、アルバム名や曲名など全て把握している程のマニアの藤井聡太四段が推すスピッツの名曲『魔女旅に出る』とは?

更新日: 2018年01月02日

15 お気に入り 43095 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shimikeさん

デビュー以来負けなしの快進撃を続け、フィーバーを巻き起こした将棋の天才棋士『藤井聡太』四段

将棋の史上最年少棋士・中学3年生の藤井聡太四段。

史上最年少の14歳2か月で四段(棋士)昇段。
史上最多となる公式戦29連勝を記録。

連勝記録は止まったが、今後、最年少でのタイトル獲得など、活躍に期待は続いています。

棋界を超えて旋風を巻き起こす藤井聡太四段。29連勝の記録に加え、中学生と思えない落ちつきぶりも話題

「藤井フィーバー」は新語・流行語大賞にもノミネートされ、まだあどけない中学3年のニューヒーローは日本列島に空前の将棋ブームをもたらした。

そんな藤井聡太四段が、ロックバンド「スピッツ」のファンから、にわかに注目を集めている。

将棋の最年少プロ・藤井聡太四段(15)が、ロックバンド「スピッツ」のファンから、にわかに注目を集めている。

スピッツは草野マサムネ、田村明浩らを中心に1987年に結成され、これまでに一度もメンバーチェンジを行うことなく今日まで活動を続けているバンド。

ユニークな視点と文学的センスに溢れた草野の歌詞と相まって、メジャーデビュー4年目の1995年に「ロビンソン」でブレイク。

1990年代にミリオンヒットを連発したバンドです。

スピッツ(Spitz、SPITZ)は、草野マサムネ、三輪テツヤ、田村明浩、崎山龍男の4人からなる日本のロックバンドである。

スピッツといえば今年で結成30周年を迎え、幅広い世代から人気を集めるロックバンドだ。1996年に発売された『チェリー』などの代表曲で知られている。

卓球の張本智和選手との対談でスピッツへの「愛」を語った藤井聡太四段

“好きな音楽”の話題で、スピッツを挙げた藤井四段。

藤井四段は「やはり『チェリー』になりますか…。『ロビンソン』も有名なんですけど、個人的にはセカンドアルバム『名前をつけてやる』の『魔女旅に出る』はスピッツ屈指の名曲だと思っています」と返答。

藤井四段がスピッツを聴いていることは有名だが、具体的な選曲が話題となったのは初めて。

張本選手が、ミュージシャンの秦基博さんの曲が好きだとして、「ご存じですか?」と投げかけると、藤井四段は、「存在を聞いたことくらいは...。私も音楽はスピッツなどを聴きます」とスピッツ好きを明かしたのだ。

「あの『チェリー』の…」と同調した張本に、藤井四段は「やはり『チェリー』になりますか…。『ロビンソン』も有名なんですけど、個人的にはセカンドアルバム『名前をつけてやる』の『魔女旅に出る』はスピッツ屈指の名曲だと思っています」と返答。

藤井四段ガチのスピッツファンだったのか。君が生まれるずっと前の曲だぞ。

藤井四段が推すスピッツの屈指の名曲『魔女旅に出る』とは?

「魔女旅に出る」(まじょたびにでる)は、通算3作目のシングル。
2ndアルバム『名前をつけてやる』からの先行シングルでした。

藤井四段が挙げた「名前をつけてやる」は、まだスピッツがブレークする前の1991年に発売されたアルバム。
その11曲目に収録された「魔女旅に出る」は、同バンドで初めてストリングスを取り入れた曲とされています。

「魔女旅に出る」(まじょたびにでる)は日本のロックバンド・スピッツの楽曲で、通算3作目のシングル。

バンドサウンドにストリングスを導入した初めての曲

『名前をつけてやる』は1991年に発売されたセカンドアルバム。26年前の曲であるだけに、《普通の中学生で知ってるやつほとんどいないと思う》という驚きのコメントも。

魔女旅に出るとか名曲だけどよく知ってるなあ…中学生だよね…

私スピッツガチファンやから藤井四段と絶対仲良うなれる。魔女旅に出るはかなりの名曲。

これを受けて、CDショップでは、藤井四段の似顔絵つきのPOPが登場も

「魔女旅に出る」

藤井四段も屈指の名曲と語るほど!!
気になった方は、ぜひチェックを!!

とPRしてます。

都内の大手CDショップでは、『名前をつけてやる』のCDが置かれたコーナーに、藤井四段の似顔絵つきのPOPが登場。

《藤井四段も屈指の名曲と語るほど!! 気になった方は、ぜひチェックを!!》とPRしている。

1 2