2019年
・急坂に対応できそうな立った肩とか筋肉の盛り上がりとか。
・ここも?
1600M:1分35秒ぐらい。
1800M:1分50秒ぐらい。
時計が遅かったら、速い上がり。
・1着-中山実績>小回り実績、内回り実績、急坂実績>中山G1馬血統+速い上がりが使える。前走、東京1600M。
・先行、早めに進出。
・パドック-ボリューム。ガッチリ。
・中山1600M>東京1600>坂のあるコース1600~1800Mぐらい。
・馬体重:450キロ以上あった方が良さそう。たまに軽い馬も来る。
・内枠の先行馬、中枠から外枠の差し馬>内枠の差し馬。
・上がり上位実績あり。多い方が良さそう。
・1600M以上出走経験。
・1戦1勝馬-上り最速レベル。たまに来る。
・好走した時と異なる戦法で微妙に凡走した馬を探してみる。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【中央競馬・重賞攻略】フェアリーステークス(GIII)(2020)【省力化】

競馬予想に必要なもの以外は要りません。"やれば出来るお馬さん"を一本釣り出来たらラッキーです。9割方自分向けです。-省力化。

このまとめを見る