1. まとめトップ

(都市伝説)ヒトラーは実は生きていた?!CIA公式文書に残る記録

ヒトラーが実は生きていたというううわさは昔からありましたが、その噂に真実味をもたらす資料がケネディ暗殺資料とともに公開されています。第2次世界大戦後の彼の足取りとは?

更新日: 2018年01月02日

4 お気に入り 15462 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

偶然関連記事を見つけ、面白いなと思いまとめました。

mosyakoさん

独裁者としてドイツを第2次世界大戦に導き、ホロコーストなど残虐な行為が現在でも語り継がれるヒトラー

第一次世界大戦までは無名の一青年に過ぎなかったが、戦後にはバイエルン州において、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)指導者としてアーリア民族を中心に据えた人種主義と反ユダヤ主義を掲げた政治活動を行うようになった。

1923年に中央政権の転覆を目指したミュンヘン一揆の首謀者となり、一時投獄されるも、出獄後は合法的な選挙により勢力を拡大した。

1933年には大統領による指名を受けてドイツ国首相となり、首相就任後に他政党や党内外の政敵を弾圧し、ドイツ史上かつてない権力を掌握した。1934年8月、ヒンデンブルク大統領死去に伴い、大統領の権能を個人として継承した(総統)。こうしてヒトラーという人格がドイツ国の最高権力である三権を掌握し、ドイツ国における全ての法源となる存在となり、ヒトラーという人格を介してナチズム運動が国家と同一のものになるという特異な支配体制を築いた。この時期のドイツ国は一般的に「ナチス・ドイツ」と呼ばれることが多い。

北朝鮮に対して全く危機感を抱いていない者や、擁護する者は一体何を考えているのだろうか。ヒトラーだって強国を敵に回して侵略戦争をしたではないか。なぜ金正恩が同じことをしないと言い切れるのだ。

住処に戻った。CSのシネフィルwowowで「独裁者」を放送中。続けて「ヒトラー~最期の12日間~」ときたか。破壊力ある並びだなぁ。

ヒトラーは地震計や無線受信機のごとき精密さで人々の心の振動に感応することが出来る。この能力によって全国民の心の奥底に隠された秘密の欲望、許されざる衝動、個人的反抗心を大声でわめきたてる。ヒトラーの心情は有害であり、そこには破壊衝動しかない(オットー・シュトラッサ #meigen

当面の危難をさけるために、ヒトラーの野望に対して、宥和を続けた結果が、より大規模な世界大戦となった。 現状と似ていると感じた。

ヒトラーは第2次世界大戦で敗戦後自殺したと考えられている

第二次世界大戦末期におけるドイツの劣勢を受けて、ヒトラーは1945年1月16日にベルリンの総統地下壕に居を移し、ここから統括した。しかし、連合軍が東西両方から迫っており、敗戦は確実な状況となっていた。4月半ばまでにはソビエト軍はベルリンに入り、ライヒ官房が位置する市の中心部へと侵攻していた(ベルリンの戦い、ベルリン市街戦)。ヒトラーの一部の側近や国防軍首脳部の一部は南部のベルヒテスガーデンへの疎開を進言したが、ヒトラーはそれを拒否した。

4月22日、ヒトラーは軍事情勢会議の間に、のちに歴史家がいうところの神経衰弱に襲われ、戦争の敗北を認めた。ヒトラーは自殺の意向を表明し、その後軍医であったヴェルナー・ハーゼSS中佐に、確実な自殺方法を教えてほしいと依頼した。ハーゼの提案は、シアン化物の服用と、頭に銃弾を撃ち込むことの併用だった

またヒトラーは、同盟国のイタリア社会共和国の指導者ベニート・ムッソリーニが、パルチザンに捕らえられ処刑された後に、遺体がミラノのガソリンスタンドに逆さ吊りにされ見せものにされたことを知っていたことから、自分は同じ運命をたどりはしないと決意する。 そのためヒトラーは一部の部下に対して、自殺後遺体を早急に焼却するよう熱望した。

4月30日昼、ヒトラーは2人の秘書官と料理人と共に最後の食事となる昼食を摂った。献立は野菜のスープとマッシュポテトであったとも[7]、ラビオリであったとも言われている。その後、ヒトラーとエーファは地下壕のスタッフや、ゲッベルス一家やマルティン・ボルマン一家、秘書官やドイツ国防軍の将校らに最後の別れを告げた。

ヒトラーの副官であったオットー・ギュンシェが、書斎に入り遺体を確認した。遺体は小さなソファに腰掛けており、エーファの遺体はヒトラーの遺体の左に、ヒトラーから離れて沈みこんでいた。射出口が頭の左頂部にあり、ヒトラーは右のこめかみをワルサーPPKで撃ったと思われた。銃はヒトラーの足元に落ちていた。

ヒトラー専属の身辺警護部隊(英語版)の隊員だったローフス・ミッシュによれば、ヒトラーの頭部は、前のテーブルの上に横たわっていたという[8]。こめかみとあごから滴った血が、ソファの右のひじ掛けで大きなしみになって、フロアのカーペット上で血だまりを作っていた。

何人かの目撃証言によれば、2人の遺体は地上階に運ばれ、地下壕の非常口を経て、官邸裏の小さな庭にある砲弾穴に置かれ、リンゲやSSの護衛がガソリンをかけて燃やしたという。幾人かは「早く上階へ急げ、彼らは総統を燃やしている」という叫び声を聞いている[14]。遺体を燃やし尽くすことはできなかったが、赤軍が地下壕を砲撃したため火葬を続けることができず、18時以降には、燃え残りは砲撃の浅いクレーターと土砂ですっかり覆われてしまったと、SSやリンゲはのちに記録している。

遺体はソ連によって回収

ヒトラーの死から約7時間半後の23時ころから赤軍が総統官邸への攻撃を開始する。5月2日に、ヒトラーと、犬2匹(ブロンディとその子どもヴルフだと思われる)の残骸が発見された。砲弾穴から遺骸を発見したのはスメルシ第79ライフル隊のイワン・シュラコフで、ヒトラーの遺骸発見を命じられていた[15]。

公式な検死報告書には、銃弾によるヒトラーの頭蓋骨の損傷、口腔内のガラス破片の両方について記録されており、スターリン自身が1945年に認可したが、彼は天敵の死を容易には信じようとしなかった[16][17]。ヒトラーとエーファの遺骸は、部隊がベルリンからマクデブルクのクラウスナー通りの新機関に再配置される間、スメルシによって埋めたり掘り出されたりを繰り返した。マクデブルクで彼らは、宣伝省大臣ヨーゼフ・ゲッベルスと妻マクダ・ゲッベルス、その6人の子供の焼け焦げた遺体とともに、前中庭の舗装区域の下の目印のない墓に埋葬された。この場所は厳重に秘された。

しかし近年になり、ヒトラーが生きていたと思われる文書が発見される。

敗戦が目前に迫った1945年4月30日、ベルリン市の総統地下壕内でヒトラーは“自殺せず”、何らかのルートで南米・アルゼンチンに逃亡し、余生を全うしたと実しやかに噂されている。そして今回、半世紀以上続く謎に一石を投じるCIA機密文書の存在が明らかになり、世界中に衝撃が走っているのだ。

英紙「Daily Mail」(15日付)などによると、コロンビア人ジャーナリストのホセ・カルデナス氏が、90年代に機密指定解除された元極秘文書の中にヒトラーに関する資料があることを発見、ツイッターで公開したことで大きく注目を浴びるようになったという。

同文書には、戦後ヒトラーがコロンビアに逃亡し、同国内に元ナチ党員のコミュニティを形成しているというタレコミがCIAにあったことが報告されているという。さらに、1954年にコロンビアのトゥンハで撮影されたとされる写真も同封されており、そこには、インフォーマントであるフィリッピ・シトロエンとともに、ヒトラーらしき人物が写っていたというから驚きだ。

シトロエンについて分かっていることは多くないが、同文書によると、鉄道会社で働いている時に、トゥンハの“レシデンシエス・コロニアレス(殖民住居)”で、“長老総統”と呼ばれるヒトラーに酷似した人物を紹介されたという。また、トゥンハには元ナチス兵士や元党員と思われるドイツ人が多数居住しており、長老総統に対しナチス式敬礼をしていたそうだ。

シトロエンは、CIAエージェントに先述した長老総統の写真まで見せたが、空想的なホラ話と断定され、真剣に取り扱われることはなかったという。しかし、1955年、Cimelody-3というコードネームの男がCIAエージェントに接近。シトロエンの話は真実であると念を押し、シトロエンは今も定期的に長老総統と連絡を取り合っているが、長老総統自身は1955年にコロンビアからアルゼンチンに渡り、すでにトゥンハにはいないと語ったという。

ヒトラーがコロンビアで生きていたというCIAの文書があると聞いて 真偽は不明

「アドルフ・ヒトラーが1954年にコロンビアで生きていた」(^-^):richardkoshimizu.wordpress.com/2017/12/21/%e3…機密解除された米公文書から、ヒットラーの戦後の生存情報が出てきたのは、面白い話ですね。「戦後、ヒットラーは南米に逃… twitter.com/i/web/status/9…

【ガチ】ヒトラーがコロンビアで生きていた証拠写真がCIA公式文書で発覚! ナチ残党と「ナチス村」を築き、長老総統と呼ばれていた!? tocana.jp/2017/11/post_1… @DailyTocanaから #ヤバすぎる緊急事態条項 #アドルフ・ヒトラーは自殺をしなかった

トランプが機密解除を認めたジョン・F・ケネディ暗殺に関わる膨大な数の文章の中から「アドルフ・ヒトラーが1954年にコロンビアで生きていた」という驚くべき報告書が発見された。ヒトラーは1946年、Uーボートでアルゼンチンのマルデルプ… twitter.com/i/web/status/9…

ブラジルで余生を過ごしていたとの情報も

現代においても未だその影響力が半端ないドイツの独裁者、アドルフ・ヒトラー。ヒトラーは1945年4月30日、総統地下壕の一室にて、妻であるエヴァ・ブラウンと共に自殺を遂げたというのが歴史上の認識であるが、実はブラジルに逃亡し、95歳まで生きていたという噂もあり、最近になってその可能性を示す写真が発見されたそうだ。

ヒトラーが死んでいなかったという話は諸説あるが、ある本によれば、彼はパラグアイに逃れ、アルゼンチン経由でブラジル、マットグロッソ州にあるノッサ・セニョーラ・ド・リブラメントという人口12,000人ほどの小さな町に移り住んだという。そこではアドルフ・ライプツィヒという偽名を名乗っており、住民からは”ドイツの老人”として知られていたらしい。

ヒトラーは生きていた!?ブラジル人の恋人と95歳まで生きていたという証拠の写真が発見される 【ネオ☆ニュース】▼記事の続きはこちら→ antenna.x0.com/1/?aid=473964 pic.twitter.com/I3VJ1J2Iqd

1