6区には1年から走っている山下りのスペシャリスト小野田勇次(3年)が控えており、「30秒差をひっくり返して、逆に30秒差をつけてくれる」と、明言。さらに補欠においていたエース下田裕太(4年)の8区投入を宣言した。「8区で勝負をつける。9、10区はこれまでみたいにピクニックランにする」と、ヴィクトリーロードを思い描いた。

出典往路V4逃す青学大、復路でエース下田を投入へ 原監督「30秒ぐらいは想定内」 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

往路優勝の東洋大の足元が厚底?!箱根駅伝で注目の規格外シューズ

第94回東京箱根間往復大学駅伝競走往路は東洋大学が4年ぶりに優勝を果たした。その東洋大の選手のシューズに注目が集まっています。

このまとめを見る