これまで日本の陸上長距離トップアスリートの間では、薄いソールのシューズが主流だった。昨季大学駅伝三冠の絶対王者・青学大には、アディダスと今年3月まで専属契約していた「最強の靴職人」と称される三村仁司氏による、日本人の骨格や走り方に合わせたシューズが提供され、選手の足元を支えてきた。

出典出雲駅伝と箱根予選会を席巻、「ナイキの新シューズ」の衝撃│NEWSポストセブン

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

往路優勝の東洋大の足元が厚底?!箱根駅伝で注目の規格外シューズ

第94回東京箱根間往復大学駅伝競走往路は東洋大学が4年ぶりに優勝を果たした。その東洋大の選手のシューズに注目が集まっています。

このまとめを見る