1. まとめトップ

金融占星術・サイクル・テクニカルで予測する2018年1月の株価動向

アメリカの主要株価指数と日経平均の変化タイミング,上昇/下落を予測します。

更新日: 2018年01月08日

1 お気に入り 1387 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

blastopore.さん

レイモンド・メリマンの変化日

ダウ   01月08日(±一週間)
日経平均 01月11日
通貨   01月08日
金・銀  01月5~8日
原油   01月08日(±一週間)
穀物   01月08日

ブラッドレー・サイクルの変化日

「変化日」は金融市場の変化ートップ,ボトム,または急上昇・急落の始まりーが起こりやすい日のことです。ブラッドレー・サイクルの変化日は誤差が数日あります。
https://bradleysiderograph.com/2018-turn-dates-nikkei-225/ より

日経平均;主なもの
 12月6日(2017年)
 1月5日,1月10日,1月17日,
 2月20日,
 6月1日,6月10日,6月26日,
 8月28日
S&P500;主なもの
 1月5日,1月10日,1月17日,
 2月20日,
 6月1日,6月10日,6月26日,
 8月28日

S&P500の主要サイクル

●2週間サイクル,3週間サイクル

S&P500には,最近,約2週間ごと,約3週間ごとに安値をつける2つのサイクルが重なって見られます。12月29日がボトムとすると,1/12・12/15前後と1/19・1/22頃にボトムを付けやすい?

http://stockcharts.com/public/520756/tenpp/1

日経平均先物では,1月4日を起点として2週間サイクルを適用すると 1/18,2/1,2/15,
3週間サイクルを適用すると 1/25,2/15前後がボトムに成りやすい日か?

●3ヶ月サイクル,4.5ヶ月サイクル

4ヶ月前後のプライマリー・サイクルの期間は15~23週であり ,今週は8月21のボトムから19週目です。そろそろボトムを付けに行く時期か?だとすれば,12月にすでにトップを付けたか,1月初めにトップを付ける可能性が高い。

また最近は,1.5ヶ月または3ヶ月ごとに安値をつけるサイクルが見られます。11月中旬がボトムとすると,2月中旬頃にボトムを付けやすい? 2月16日には日食があります。
http://stockcharts.com/public/520756/tenpp/1

●9ヶ月サイクル,18ヶ月サイクル

2016年末のボトムからの延長された9ヶ月サイクルがトップを付けたか,すぐにトップを付ける可能性があります。または,今は大幅調整にならず,さらに18ヶ月前後に延長するかもしれません。

●金融占星術;1月初旬~中旬に向けて株価は下落?(米株)

At the very least we should see a pull back in the markets. Planets in Earth signs should generate more caution and generally more stability in the markets. I’m looking for a slow trend down into early to mid Jan 2018.

There is a longer term Market cycle coming due. That is the 9 / 18 month cycle as seen on the following weekly chart. I’m looking for the markets to start a move down between Dec. 18th and January 10, 2018. January 8, 2018 may be the bottom.

米株,特にS&P500指数で,4ヶ月,9 / 18 ヶ月サイクルのボトムに向けた下落が2017年12月18日から2018年1月10日に始まり,1月初旬~中旬に向けて緩やかな株価の下落が続くと予想しています。1月8日がボトムかも知れないとしていますが,上記の他の変化日前後,またはそれ以降の可能性もあります。
日経平均の調整は,もう少し延長するかもしれません。

12月16日~1月14日の間にトップを付けて,調整か?    日経平均は1月11日前後にトップ?ボトム?

We are in the midst of a powerful time band, December 16-January 14, containing 12 geocosmic signatures with correlations to reversals in financial markets. The midpoint is right around the turn of the year. Included in this cluster, in addition to the Sun/Saturn conjunction of December 21, is Mercury turning direct (December 23), Venus conjunct Saturn (December 25), Uranus turning direct (January 2), and both the Sun and Venus conjunct Pluto and squaring Uranus (January 9-14).

Any one of these could coincide with a reversal in a financial market. All of them together, in a short span of time, increases the probability of a cycle culmination and reversal.

レイモンド・メリマンのレポートによれば,12月16日~1月14日は重要変化日が連続する強力な時間帯であり,この間にサイクルのトップをつけて反転下落する可能性が高まるとしています。

With Uranus so prevalent, we cannot rule out the possibility of new record highs in some markets, and the breaking of major support or resistance zones, for Uranus has lately coincided with breakouts, as noted by the Jupiter/Uranus opposition of September 27, which coincided with the upward explosion in the price of both stocks and bitcoins.

天王星が優勢なので,いくつかの市場で最高値の更新や主要な支持/抵抗ゾーンからのブレイクがある可能性は除外できない。最近では,9月27日の木星・天王星のオポジションは株価とビットコイン相場の急騰と同期した。

1月8日~14日にトップで調整が始まるか,そのまま高騰が続くか,可能性は半々

But that doesn’t mean there will not be some corrections along the way, and those corrections can still be timed fairly well via geocosmic signatures. In fact, one of those possibilities may be unfolding right now. January 8-14 will find the Sun, Venus, and Pluto forming a sextile with transiting Mars and Jupiter, while also forming a square to Uranus.

If Uranus wasn’t involved, we could be more confident that this would indicate a top in stocks and a sharp reversal down. It very well could, anyway. But with Uranus highlighted, the stock market could also continue to explode to new highs – higher than anyone thinks – for Uranus can just as often be a reversal of a sharp magnitude, as a breakout to new all-time highs, well above any resistance zone.

(8月・9月まで堅調かもしれないが)途中で調整はあり,太陽、金星、冥王星,火星,木星,天王星の配置より,1月8日~14日は株式市場がトップを付けて急激な下落が起きる可能性が高い時期の1つである。しかし,今回は天王星が関与するため,確信できない。天王星が強調されると、株式市場が反転して大幅に急落する場合も,抵抗帯を突破して誰もが想定しない新高値 へと暴騰し続ける場合も多く,可能性は半々である。

年初の2,3ヶ月はボラタイルな相場に? (米株)

Generally speaking the first couple of month of 2018 should be volatile. There are 2 Super Moons and 2 Eclipses.

Both eclipses are strong but the strongest should be the February 15 Solar Eclipse. This is almost opposite the August 21st eclipse last year. Both are in late Fixed signs. Remember all the violent weather we had after last years eclipse and the continuing aggression. More on this as we get closer.

2回のスーパームーン,2月15日に日食があることから,株式市場は最初の2,3ヶ月は乱高下するかもしれません。2月15日の日食は特に強力です。去年の8月21日の日食のときは米国株式市場が重要なボトムを付け,上昇が始まりました。

●金融占星術-長期見通し;8月~9月まで株価は上昇基調か(米株)

Several respected market analysts are projecting gains of 10% or more in U.S. equity prices for 2018 now. They could be right, for Jupiter (optimistic) in Scorpio (taxes) will continue to trine Neptune (euphoria and profits) through August 2018.

Furthermore, the Saturn/Uranus trine returns to an almost exact aspect in August-September 2018 too. That aspect has been effect since December 2016, and has a 100% correlation to 4-year or greater cycle crests in the U.S. stock market’s history.

税制改革によって,2018年に米国の株価が10%またはそれ以上上昇するという予測があります。金融占星術的には,「税」の蠍座にある「楽観」の木星が「高揚,絶頂感」と「利益」の海王星と8月末までトラインを継続するので,正しいかもしれない,としています。

8月~9月の土星-天王星の配置は,歴史的には米国株式市場の4年またはそれ以上のサイクルの最高値と100%の相関があるので,注意が必要です。

●テクニカル分析

MACDに弱気ダイバージェンスが出ています。1月初めにもう少し上があるかもしれないが,23900レベルまたはそれ以下への調整になる可能性が高い?

http://stockcharts.com/public/1269446/tenpp/1

1 2