1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

kapati8さん

■『第68回紅白歌合戦』が開催!

昨年の紅白は「夢を歌おう」をテーマに紅白46組の歌手が出場。さらに特別企画で、今年9月に引退する安室の「ラスト紅白」が実現。

安室奈美恵と桑田佳祐の特別出演で後半は特に盛り上がりを見せた昨年の紅白。

首を痛めていたX JAPANのYOSHIKIはドラムを解禁するなど話題豊富で、高視聴率が期待されていた。

安室奈美恵や桑田佳祐の“サプライズ”もおおいに番組を盛り上げたが、何といっても総合司会を務めた内村光良を称賛する声が圧倒的。

■『視聴率』は低迷?

毎年大みそか恒例のテレビ番組『NHK紅白歌合戦』が昨年も放送され、第2部の平均視聴率が39.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。

2年ぶりに40%に届かず、記録が残っている1962年(第13回)以降では歴代ワースト3位の数字となった

■『失速の原因』はどこにあるのか?

「AbemaTV」のから特別企画「朝青龍を押し出したら1000万円」と題して、元横綱・朝青龍が元大関・琴光喜やボブ・サップらと8番勝負を繰り広げ大きな注目を集めた

スカパー!やケーブルテレビでは午後8時半から「2017 MBC歌謡大祭典」を生中継。紅白にも出演したTWICEら人気K―POPアーティストが多く出演し話題。

■『テレ東』が大健闘?

紅白では老若男女が楽しめる形だがテレ東では…

紅白の裏番組ではテレビ東京「第50回年忘れにっぽんの歌」(後4・00〜10・00)が平均視聴率8・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得し、大健闘した。

16年は、紅白開始前の午後7時までの放送枠で7・2%を記録していたが、17年は午後4時から午後10時まで6時間の放送枠。

同局関係者は「北島三郎さんや細川たかしさん、小林幸子さんら大御所の方々に出演していただき、紅白の視聴者層を取り込むことができた」と話した。

■『テレ東』の躍進が始まった?

年1月に初放送され、この1年間で第5弾まで放送されている。11月に放送された「緊急SOS!史上最大の池に異常発生!怪物1万匹!?池の水ぜんぶ抜く大作戦5」は、平均視聴率12.8% (関東地区、ビデオリサーチ調べ)と高視聴率を記録。

■民放のトップはやはり『ガキ使』

1 2