1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

仕事行きたくない…正月明けに現れる「正月病」を克服するコツ

楽しかったお正月にもいつか終わりがやってくる、そしてその先には「仕事始め」が…。長い休みの後には、どうしてもその後の仕事の事を考えて憂鬱になってしまうもの。そのような気持ちを少しでも和らげられるよう気をつけてみましょう。

更新日: 2018年01月03日

28 お気に入り 122376 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■4日からいよいよ仕事始めとなる会社が増えてきます

明日から仕事始めだなんて信じたくない…_(:3」z)_

明日から仕事なんて信じられない。6連休だけどあっという間すぎた。10連休くらいあるとゆっくりできるんだけどなぁ。

■お正月休みが終わると仕事が始まると言う現実

検索サイトで、「正月明け 仕事」と検索すると、真っ先に出てくる候補は、「憂鬱」「行きたくない」「だるい」「嫌」、そしてなんと、「辞める」

お正月にのんびりしたり、おいしいものを食べたりゴロゴロしていると、このまま会社に行きたくないという気持ちも生まれてきます

■中には「正月病」に苦しむ人が増加します

正月はたっぷり休んだのに、休み明けに「だるい」「身体が重い」「眠い」などと感じることはありませんか?

お休みモードから気分が抜け出せず、眠気、倦怠感の続いた状態で出勤すると、仕事初めなのに何とも景気の悪いスタートになってしまいます

■正月明けの憂鬱な気持ちを克服するコツ

出勤の前日までに生活リズムを戻しておく

原因の多くは「生活リズムが崩れたことによる体内時計の狂い」ではないかと言われています

憂うつ感を軽減するために、休暇最終日は仕事がある日と同じ生活リズムで過ごすのがよい

遅くとも前日ぐらいからは、朝起きる時間を会社に行くときと同じ時間帯に戻しましょう

仕事始めの朝はしっかり朝日を浴びよう

朝のウォーキングなどを取り入れ、さらに積極的に朝日を浴びるのもおすすめです

少しづつ気持ちを切り替えていく

1 2