1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

うっちーだけじゃない!注目選手の移籍が相次ぐJリーグ

今オフは例年以上に注目選手の移籍が多いような気がします。

更新日: 2018年01月03日

4 お気に入り 35961 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

大きく動き始めた移籍市場について、各報道内容とTwitterの反応をまとめました。

manuronaldさん

■元日本代表の内田篤人が古巣・鹿島に復帰!

鹿島アントラーズは3日、ドイツ2部のウニオン・ベルリンDF内田篤人(29)の完全移籍での加入を発表。

移籍金20万ユーロ(約2700万円)、鹿島とは複数年契約で、内田にとっては2010年7月以来、8シーズンぶりの古巣復帰となる。

2010年にシャルケに加入後、ブンデス1部104試合出場、欧州CL通算31試合出場など、シャルケの中心選手として活躍。

15年6月に右膝を手術し、昨夏ウニオン・ベルリンに移籍もケガの影響もあり出番に恵まれず、リーグ戦2試合の出場にとどまっていた。

うっちーおかえりなさい 小さい頃から応援してたうっちーが、鹿島のユニフォームでプレーする姿がまた観れるなんて… #内田篤人 pic.twitter.com/jW1oxu3qU7

うっちー鹿島に戻ってくるんですね!! 小学3.4年だったかな? 地元のサッカースクールに内田選手が来て、サインとツーショット撮ってもらったの良い思い出( ¨̮ ) 友達と鹿島戦を見に行ったなぁ pic.twitter.com/2jtAt6blmR

うっちー鹿島かぁ ケガしてなかったら ずっとシャルケで頑張れたんだろうな でも こっから頑張って欲しい

■でもうっちーだけじゃない!今オフは注目選手の移籍が相次いでいる

名古屋グランパスが元ブラジル代表FWジョーを獲得

マンチェスター・Cなどでプレーし、ブラジル代表として通算20試合出場5得点、2014年ブラジルW杯でも3試合に出場。

2017年からブラジルの名門コリンチャンスに復帰し、ブラジル全国リーグの得点王にしてMVPを獲得していた。

移籍金は1100万ユーロ(約14億8000万円)、年俸は約3億4000万円とも報じられている

川崎フロンターレに大久保嘉人が復帰

2013年から4年間川崎でプレーし、同年から3年連続で得点王となりベストイレブンにも選出。

今季開幕前かFC東京へ完全移籍し、J1リーグ戦28試合に出場して8ゴールを記録していた。

「またフロンターレでサッカーができる。覚悟を持って、チームのために結果を残す。今は、それしか考えていません」

ロンドン五輪代表FW大津祐樹が横浜FMに移籍

2008年に柏でデビューし、2011年から14年にかけてボルシアMG(ドイツ)、VVVフェンロ(オランダ)でプレー。

2012年にはロンドン五輪日本代表として出場し、チームトップの3得点を挙げる活躍でベスト4進出に貢献。

昨季はリーグ戦16試合に出場したものの、負傷の影響もあり先発でのチャンスに恵まれず、移籍を決断した。

浦和のリオ五輪代表MF矢島慎也がガンバ大阪に移籍

1 2