結果コードは、発生したエラーの種類に照合することができます。 結果コードをエラーに照合するには:

エラー コードの種類 (Win32 または NTSTATUS) を特定します。これには、先頭の 16 進数を使用します。
8 = Win32 エラー コード (例: 0x80070070)
C = NTSTATUS 値 (例: 0xC1900107)
エラー コードの末尾 4 桁 (例: 0x80070070 = 0070) を書き留めておきます。 これらの数字は、HRESULT または NTSTATUS 構造の末尾 16 ビットに対応します。
手順 1. で特定したエラー コードの種類に基づいて、手順 2. で書き留めた 4 桁を、Win32 エラー コードまたは NTSTATUS 値に照合します。

出典Windows 10 アップグレードのエラーの解決 - Windows IT 担当者 | Microsoft Docs

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

Windows10「0xC1900101-0x20017」の原因・解決方法【Win10】

Windows10がエラーコード「0xC1900101-0x20017」でアップグレードできないときの対処法まとめ。

このまとめを見る