1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

覚えておいて損はない…2018年から変わるこんな制度

2018年に施行されるつみたてNISA、教育訓練給付金制度、休眠預金活用法の施行、配偶者控除及び配偶者特別控除の見直し、住宅宿泊事業法、高額療養費制度の改定についてまとめました。知っておいて損はない制度です。

更新日: 2018年01月04日

373 お気に入り 446034 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・2018年も良い年にしたいと思うのは当たり前のこと

2018年、法律や制度の変更など、生活に影響がありそうな「変化」が待ち受けています。

▼今年から変わるこんな制度を知っておいて損はない

■つみたてNISA

これまでのNISAと同様に毎年の非課税枠で得た利益や分配金にかかる税金はゼロになりますが、これまでのNISAとは違い、長期の積立投資に特化しており、投資初心者でも始めやすい制度

インデックス型でコツコツお金を育てていってもいいですし、アクティブ型で積極的なリターンを狙ってもいい

■教育訓練給付金制度

一定の条件を満たす雇用保険の被保険者または被保険者であった方が利用できる「教育訓練給付金制度」

教育訓練給付制度とは、一定の条件を満たす雇用保険の被保険者が、厚生労働大臣の指定を受けた教育訓練講座を自己負担で受講したときに、受講料や入学料など実際にかかった経費の一部を給付金として支給してくれるもの

「一般教育訓練給付金」と「専門実践教育訓練金」の2種類があります。従来からあった一般教育訓練給付金に加え、2014年10月に「専門実践教育訓練金」が創設されました。

専門実践教育訓練給付金については、2018年1月よりさらに内容が拡充され、支給額は3年間で最大で168万円。まさに改正の目玉と言えます。

■休眠預金活用法の施行

2016年12月、休眠預金の有効活用を目的とした「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律」、通称「休眠預金活用法」が成立し、2018年1月に施行されることとなった。

休眠預金活用法では、預け入れや引き出しなどの最終取引があった日から10年を経過した預金を「休眠預金等」と定義し、法施行後に新たに発生する休眠預金を、国や地方公共団体が対応困難な社会的課題の解決に資する活動に活用していくとされている。

移管後でも預金者が金融機関の窓口に請求すれば、いつでも払い戻しは可能です。ただ、取引口座が多い場合、使う口座の選択・集中を進めるいい機会に

■配偶者控除及び配偶者特別控除の見直し

1 2