1. まとめトップ

【2018年】南海トラフ地震の予言がヤバすぎる件!【都市伝説】

ネットでは「南海トラフ巨大地震はいつ起こる?」、「被害はどれぐらい?」という声が出ています。今回は南海トラフにまつわる予言をまとめました。どれも怖いので、自己責任でお願いします。私的には南海トラフは2020年~2030年の間に来ると思います。

更新日: 2018年07月17日

43 お気に入り 4782982 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

南海トラフについて分かれば、更新します^^

baseraさん

重要なお知らせ!

2ページ目に南海トラフ地震の動画を追加!

★南海トラフ巨大地震の予言まとめ

多くの予言者は2018年と答えています。
そもそも地震は、予告無しで来るので
早いうちに備えておきましょう!

ちなみに
熊本地震は、発生率1%で
起きました。

なので1%でも油断できません

はじめに…

・未来人2075年『マイケル・フィリップス』
北朝鮮とアメリカの核戦争を予言【2019年3月】
そして南海トラフ地震も予言している【2024年の8月】

・松井照子【東日本大震災を的中させた人】
今年は2018年のどこかに来ると言っている

・ダウンローラー千尋【長野県在住】
この方は、予知能力をもっており
未来を読むことができます。
最近の予言:2019年5月に南海トラフ地震が発生!

・聖徳太子
2030年に日本が滅亡すると予言
コレが南海トラフか隕石かは、誰にも分からない
ちなみに太子は、黒船来航を的中させている
当時の将軍もビックリしました【笑】

▼政府の予想では
・死者数:32万3000人【原爆の死者より多い】
・マグニチュード【8~9】

画像を見ると
静岡・四国・宮崎は酷い事になっています。
内陸部は、M6~7の地震が来るので
こちらも被害が大きい

熊本地震は7、3でした。
電気が止まったり、断水するので
しばらく不便になります。

7,3だとこうなる
・古い家は崩壊する
・一部の道路は、陥没する
・土砂崩れが起きる
・M5~6の余震がしばらく起きる

南海トラフは、8~9なので
避難所も崩れそう
シェルターがある人は、大丈夫です。

千葉の地震は、南海トラフと関係あるのか?

千葉の地震は
活断層が原因なので
南海トラフとは関係ありません

※南海トラフ地震は、プレートによる地震です。
もし来たら大津波が発生します。

大昔から存在する断層です。

これが動く事で地震が発生します。

日本には活断層が沢山あるので
地震の発生率は高め

活断層の怖い所
・どの活断層が動くか分からない
・いきなり動く場合がある
・大きな活断層が動くと、M7の地震が起きる
・工事で取り除く事は不可能

地震は2種類ある

▼活断層型地震
活断層型地震は、地表を覆うプレートが割れて、ずれる事で発生する地震です。
プレートを押し付ける力や、引っ張る力が原因になります。

兵庫県南部地震(阪神大震災)や熊本地震がこのタイプです。

ずれ方の違いから、逆断層型、正断層型、横ずれ断層型があります。

▼プレート境界型地震
プレート境界型地震は、重なるプレートの境界がずれ動く事で発生する地震です。
日本列島付近では、プレートの沈み込みが主な原因となります。

東日本大震災や大正関東大震災がこのタイプの地震でおきました。

出典被災者発信、メウロコ地震対策

南海トラフ地震は、プレート境界型地震に分類されます。

活断層による地震は、大津波が来ないので
南海トラフより被害は少ないです。

しかし土砂崩れが起きたり、古い家が崩れるので
油断できません

海側のプレートは、下に動いており
陸側のプレートを引っ張っている

陸側のプレートは、限界まで
引っ張られると元の状態に戻る

陸側が元に戻ると
大きな反動が起こり、地震と津波が起こる

再び、海側が陸側を引っ張る

ある程度、引っ張られると
陸側が元に戻り、その反動で地震・津波が起こる

南海トラフ巨大地震は、永久に繰り返される!

▼大阪地震と南海トラフは関係あるの?
大阪は、活断層による地震
南海トラフは、プレートによる地震
タイプが違うので、関係ありません。

ただ南海トラフ地震は、いずれ起こります。

現在、陸側のプレートがギリギリまで
引っ張られています。

もうすぐ元に戻るので
その衝撃で、南海トラフ地震が発生します。

来るとしたら
2018年~2020年の間…

南海トラフ来たら確実にアウトなのでプレートに手突っ込んで止めたい

▼メガマウスが水揚げされる
メガマウスは、深海に住む幻の魚
地震が来る前は、必ずと言っていいほど
水揚げされる

▼イルカやクジラが打ち上げられる

▼地震雲が出てくる

▼犬、猫がソワソワする
動物は、揺れを感知しやすい

「メガマウスの頭部には、微弱な電磁波をキャッチすることで餌の位置を把握する『ロレンチーニ器官』という部分がある。

海底プレートのズレによって起こる巨大地震の場合、地中の岩石が破壊される際に微小な電磁波が発生する。これを感じ取ったメガマウスが、『日本近海に餌がある』と勘違いしているのかもしれない」

出典Yahoo!ニュース

南海トラフ地震は

過去のデータですが
大地震は黒潮の大蛇行の後に
起きてるそうです。

結構、起きてるので
黒潮の大蛇行が来たら、用心してください

黒潮の大蛇行:1854年1月~1854年12月
・ 1854年12月23日:安政東海地震(M8.4)
・ 1854年12月24日:安政南海地震(M8.4)
・ 1854年12月26日:豊予海峡地震(大分県-愛媛県間)(M7.3~7.5)

黒潮の大蛇行:1934年3月~1944年前半
・ 1944年12月7日:昭和東南海地震(M7.9)

黒潮の大蛇行:1959年5月~1963年5月頃
・ 1963年10月13日:択捉島沖地震(M8.1)

黒潮の大蛇行:1975年8月~1980年3月
・ 1980年6月29日:伊豆半島東方沖M6.7

黒潮の大蛇行:1981年11月~1984年5月
・ 1984年8月7日:日向灘(M7.1)

黒潮の大蛇行:2004年7月~2005年8月
・ 2005年8月16日:宮城県沖(M7.2)
・ 2005年11月15日:三陸沖(M7.2)

ラニーニャ現象:1967年秋~1968年春
・ 1968年4月1日:日向灘地震(M7.5)
・ 1968年5月16日:十勝沖地震(M7.9)
・ 1968年5月16日:青森県東方沖(M7.5)
・ 1968年6月12日:三陸沖(M7.2)

ラニーニャ現象:1983年秋~1984年春
・ 1984年1月1日:三重県南東沖(M7.0)
・ 1984年3月6日:鳥島近海(M7.6)
・ 1984年8月7日:日向灘(M7.1)

ラニーニャ現象:1998年夏~2000年春
・ 2000年3月28日:硫黄島近海(M7.9)
・ 2000年8月6日:小笠原諸島西方沖(M7.2)

ラニーニャ現象:2007年夏~2008年春
・ 2008年5月8日:茨城県沖(M7.0)
・ 2008年7月24日:岩手県沿岸北部(M6.8)
・ 2008年9月11日:十勝沖(M7.1)

ラニーニャ現象:2010年夏~2011年春
・ 2011年3月11日:東北地方太平洋沖地震(Mw9.0〜9.1)
・ 2011年4月7日:宮城県沖(M7.2)
・ 2011年4月11日:福島県浜通り(M7.0)
・ 2011年7月10日:三陸沖(M7.3)

【気候変動】夏が終わるまでに「南海トラフ巨大地震」が起きる?ラニーニャ現象が終わる直後、日本に大地震が訪れる - 大地震・前兆・予言.com jishin-yogen.com/blog-entry-118…

被害者はどれぐらい?

1 2 3 4