1. まとめトップ

【2020年】南海トラフ地震の予言がヤバすぎる件!【都市伝説】

今話題の南海トラフ巨大地震。ネットでは「いつ起こるの?」、「被害はどれぐらい?」という声が出ています。今回は南海トラフの予言・最新情報をまとめました。私的には南海トラフは2020年~2030年の間に来ると思います。

更新日: 2020年05月07日

94 お気に入り 9384727 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

政府は、南海トラフの発生率を80%に引き上げました。そのため2018年~2048年の間にやって来ます。

baseraさん

5月11日、南海トラフが起こる!

イルミナティカードは南海トラフも予言しました。カードには「銀座和光の時計台」が描かれています。

そして人々の服の色が、五輪の色。このカードは「五輪の年に南海トラフが起こる」ことを伝えてます。

カードの意味
・時計台→銀座和光の時計台
・人々の服の色→五輪の色。五輪の年に南海トラフが起こる【来年かもしれない】

日本人の切腹が描かれてます。そしてネクタイに511の文字が。

日本の終焉が511に来るので、南海トラフで確定。しかし今年とは限りません。もしかすると来年の511かもしれない。

このカードの意味
・日本人の切腹→南海トラフの死者ではなく、経済的な死を意味している。ビジネスマン→経済

南海トラフによる経済死
・コロナウイルスによる経済ダメージ【100件以上の会社が倒産。各業界に大ダメージ】

・南海トラフによる経済死【日本経済にトドメを刺す。各都道府県が崩壊。復興費に220兆円ともかかる。多くの人が難民になる。】

日本を破滅に導くのは、コロナじゃなく南海トラフ。南海トラフは必ず来るので、回避不可能。

未来人2062の暗号を解読

未来人2062は311と熊本地震を当てました。彼は去り際、暗号を残しています。

暗号を解読すると
DRYQDDPCQ→NIMARUNINI→2022
DVZQUGBYOAC→NANAZEROYON→704
DVZIMN→NANKAI→南海
CIBXSX→TROUGH→トラフ
DRUHKGMHSQ→NIGETEKURE→逃げてくれ

こんな感じになります。2022が出たので、2022年に南海トラフが発生します。日本政府はこの紙を見た後、海底を調査。

そして2018~2047年に起こることが分かりました。

南海トラフの状態
・2018年、陸のプレートを引っ張る【威力を溜めてる状態。この年に来ればM7で済んだ】

・2019年、さらに威力を溜める【M8クラスに】

・2020年、まだまだ威力を溜める【威力はM9に。世界的に見て最大クラス】

熊本地震はM7。多くの建物が崩れ、地割れが起こりました。しかし耐震構造の建物は、無事です。

南海トラフの場合、最大でM9になります。威力は熊本地震の数10倍で、耐震構造の建物も崩壊します。あらゆる建物が一瞬で崩れ、巨大な地割れが発生します。

さらに3,11より巨大な津波が起こり、すべてを飲み込みます。南海トラフの死者は32万人と言われてますが、実際は40万人以上です。

二次災害【余震で亡くなる人】を含めれば40万以上に達します。

日本は南海トラフという時限爆弾を抱えている。これがいつ爆破するか分からない。

南海トラフの予言をまとめると

・日本政府【地震研究所はひずみの蓄積を報告。そして2018~2048年に来ると予測。】

・未来人2062【去り際暗号を残す。解読すると南海トラフ逃げて2022】

・未来人XU【2025年8月6日、太平洋側でM9の地震が発生。多くの建物が一瞬で崩れ、死者は49万人を超える。まるで映画の世界だったと語る。】

未来人2062は3.11と熊本地震を当てました。そして2022年に南海トラフが来ると言ってます。死者は推定40万人ほど。多くの人が職を失うので、自殺者も急増します。

この頃にはコロナは収束していますが、避難所でノロウイルスが流行り、大勢の人が嘔吐します。実際、熊本地震でもノロウイルスが流行り、多くの人が苦しみました。

なので避難所にいても油断できません。

南海トラフ地震が起こる仕組み
・海のプレートが陸のプレートが引っ張る

・陸のプレートが限界まで引っ張られる

・陸のプレートが元に戻る

・その反動で大きな地震が起こる

★分かりやすく例えると

輪ゴムをイメージしてください。輪ゴムを引っ張って離すと痛いですよね。南海トラフは輪ゴムと同じです。現在、海のプレートが陸のプレートを引っ張っています。

輪ゴムをまだまだ引いているので、威力を高めてる状態です。


▼避難所でコロナウイルスが発生した場合

陸のプレートは限界を迎えています。元に戻った場合、大津波とM9の揺れが起こります。多くの人は避難所に行きますが、そこでコロナウイルスが発生。

多くの人が肺炎で亡くなり、日本の人口が一気に減ります。南海トラフは必ず来ますが、コロナウイルスは我々の力で収束できます。

我々にできることは、自粛で収束させて、南海トラフに備えることです。

聖徳太子の予言

聖徳太子の言った人類滅亡は、日本人の滅亡を指します。南海トラフは2018~2048までなので、2030年も該当します。

彼は黒船来航から第二次世界大戦を当てたので、この予言も当たりそうです。

彼の予言をまとめると
・黒龍がやってくる→黒船来航

・富国強兵が災いし、国家が滅ぶ→日本がアメリカに敗北。第二次世界大戦

・クハンダが来る【計算すると2020】→クハンダは人体を汚染する怪物。コロナウイルス

・2030年人類滅亡【南海トラフ巨大地震】

聖徳太子の予言は全部当たっている。なので南海トラフも当たるでしょう。

聖徳太子は未来のことを知ってるので、未来人の可能性もあります。

イルミナティカードの予言

日本が遺影になってます。南海トラフはもうじき来るので、カードのような未来が待ってます。

そして南海トラフによる地殻変動が起こるので、日本の形が変わります。

カードの都市は、震災後作られたもの。東京が崩壊したので、新しい首都になります。

カードの意味
・遺影→南海トラフによる日本終焉
・分断された日本→南海トラフによる地殻変動

カードに日本の遺影が描かれています。
簡単にまとめると
・今度の南海トラフは地殻変動が起こる

・多くの県が海に沈む

・今までの日本は戻ってこない

こんな感じです。

木村藤子さんの予言

青森の木村藤子さん(金スマに出ていた霊能者?)
が、16日の日曜日に津波を伴う大きな地震が来ると予言しているそうです。

出典https://kyoukaran.com/kimurafujiko-2017/

2020年の2月16日(日)と、8月16日(日)に地震が起こる!?

今まで毎年のように、16日が日曜日に当たるときには大きな地震が発生するのではないかと言われていました。

2020年は、
2月16日(日)と、8月16日(日)がそうです。

この時期になるとドキドキしてしまいそうですが、もしもの時に備えての準備だけはしておきたいですね。

また、予言から考えて津波が来るほどの大きな地震というと、近年言われているのが南海トラフ巨大地震です。

出典https://kyoukaran.com/kimurafujiko-2017/

南海トラフの予兆

プレート型地震は、海沿いで起こる大地震です。基本的に海側のプレートが、陸側のプレートを引っ張り、陸側が戻ることで起きます。

たまにスロースリップという現象が起きます。簡単に説明すると、プレートがゆっくり動く現象です。

スロースリップが起こると、短期間で小さな揺れが多発します。

最終的に大きな地震が起こり、建物が倒壊します。

311もスロースリップによる地震です。

もしも静岡、四国沖で、小さな地震が多発したら、南海トラフが発生します。

スロースリップをまとめると
・プレートがゆっくり動く現象
・1ヶ月にM1~4の地震が多発する
・四国、静岡で起きたら、南海トラフが起きる

2019年6月関東地方で、小さな地震が多発しました。上記のスロースリップと同じなので、南海トラフの予兆と言われてます。

▼南海トラフ巨大地震とは

太平洋側で起きるプレート型地震
この地震は、大きな津波を伴い、静岡・四国・宮崎を壊滅させます。

内陸部では、M7~6の地震が発生!多くの建物が倒壊し、停電・断水に見舞われます。被害は3,11の数倍です。

▼車内で寝るのは危険!

車内で寝るのは危険です。なぜなら同じ姿勢で寝ると、血管が詰まり、エコノミークラス症候群になります。

血管が詰まると、心臓が悪くなり、最悪の場合、死に至ります。

1 2 3 4 5 6