1. まとめトップ

【2019年】南海トラフ地震の予言がヤバすぎる件!【都市伝説】

今話題の南海トラフ巨大地震。ネットでは「いつ起こるの?」、「被害はどれぐらい?」という声が出ています。今回は南海トラフの予言・最新情報をまとめました。私的には南海トラフは2020年~2030年の間に来ると思います。

更新日: 2019年06月01日

83 お気に入り 8031376 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

政府は、南海トラフの発生率を80%に引き上げました。そのため2018年~2048年の間にやって来ます。

baseraさん

はじめに…

▼南海トラフ巨大地震とは

太平洋側で起きるプレート型地震
コレが来ると、大津波が起こり、静岡・四国・宮崎が壊滅します。

内陸部では、M7~6の地震が発生!多くの建物が倒壊し、停電・断水に見舞われます。そして多くの人が体育館や仮設住宅で暮らします。

▼車内で寝るのは危険!

あと車内で寝るのは危険です。なぜなら同じ姿勢で寝ると、エコノミークラス症候群になるからです。

これになると、血管が詰まり最悪の場合、死に至ります。

▼死者数は32万3千人!少なすぎだろ!

被害は32万3千人と言われていますが、二次災害が含まれていません。余震や怪我で亡くなる人もいるため、35万は軽く超えます。私は静岡在住なので、この数に入るかもしれません。そして被害額は、1410兆を超え、日本全体が貧しくなります。

▼未来人の予言は、90%嘘

未来人のほとんどは、ネット民で、適当に予言しています。その証拠にほとんど外れている。もしも未来人の予言を見かけたら、嘘と思ってください。90%にした理由は、偶然当たる事を考慮しています^^

そもそも人間が時空を超えることは不可能なので、未来人は100%いません。でも未来人の予言は、面白いので、暇潰しに見るのは構いません^^

海側のプレートは、下に動いており、陸側のプレートを引っ張っている

陸側のプレートは、限界まで引っ張られる

陸側のプレートが元に戻る

その振動で、地震と津波が起こる

再び、海側が陸側を引っ張る

ある程度、引っ張られると
陸側が元に戻り、その反動で地震・津波が起こる

南海トラフ巨大地震は、永久に繰り返される!

▼大阪地震と南海トラフは関係あるの?
大阪は、活断層による地震
南海トラフは、プレートによる地震
タイプが違うので、関係ありません。

ただ南海トラフ地震は、いずれ起こります。

現在、陸側のプレートがギリギリまで
引っ張られています。

もうすぐ元に戻るので
その衝撃で、南海トラフ地震が発生します。

来るとしたら
2018年~2020年の間…

南海トラフは年々

陸側のプレートは下に沈むほど、威力が上がります。今年も沈むので、威力が上がります。

そして来年も沈めば、いよいよM9です。M9が限界なので、来年起こるかもしれません。

簡単にまとめると…
2019年も威力を溜める

威力がM8になる

2020年も威力を溜める

M9になる

陸側のプレート「そろそろ限界。元に戻るか」

陸側のプレートが戻り、M9の地震が起こる

重要なお知らせ!

今年も全国各地で地震が起きています。南海トラフと関係ありそうですが、全く関係ありません。

これらの地震は、活断層が動く事で発生します。活断層は、日本各地にあるので、どこで起きてもおかしくありません。

北海道で起きた地震も「活断層地震」です。

▼南海トラフ地震とは
ちなみに南海トラフは、プレート【太平洋側】による地震。

これが来ると、静岡・四国・宮崎は大地震と大津波に襲われます。そして内陸部も大きな被害を受け、停電・断水が起こります。

復旧にかかる時間は1週間程度です。場所によっては2週間かかることも…。

▼活断層地震をまとめると…
・活断層は日本のあちこちにある

・津波が起きない【南海トラフは津波がある】

・活断層は1つ1つ活動時期が異なる【どれが動くか分からない】

・大きさも異なる【大きな活断層が動くと、M7の地震が起きる】

南海トラフより被害は少ないですが
大きな活断層が動くとM7の地震が発生します。

▼マグニチュート7が来た場合

M7が来ると、家や道路が崩れるので、非常に危険です。
もしもM7の地震が来たら、テーブルや机の下に隠れてください。揺れが治まったら、避難しましょう。

最初は、大きく揺れますが、1~2時間すればだいぶ落ち着きます。
落ち着いたら、家の中に入っても構いません。

そして2~3日後に本震がやって来ます。
本震はM7~M6なので、来たら逃げてください。

本震が来た後は、しばらく余震が続きます。

▼余震はいつ治まるのか?

1週間程度、M6~4の揺れが来ます。
場所によっては、落石・落下物が来るので、甘くみてはいけません。
1週間我慢すれば、余震は弱まり、復旧作業が進むでしょう。

▼活断層地震は、死者が少ない

地域によりますが、死者数は10~50人くらいです。
よほど運が悪くない限り、死ぬことはありません。

▼活断層地震の死因をまとめると
こんな感じです。

・土砂崩れに巻き込まれる【熊本地震では、阿蘇の土砂崩れ】
・古い家が崩壊する【田舎の家が多い】

よほど運が悪くない限り、死にません。ただし手術中や運転中に来たら、死ぬ恐れもあります。【こればかりは仕方ない】

★地震の違い★

・津波が来るタイプ【プレート型地震:南海トラフ、3・11など】

・津波が来ないタイプ【活断層地震:熊本地震、北海道地震など】

1番当たるのは

政府は、30年以内に来ると言ってます。
その理由は、海底を調査してるからです。

そしてプレートの動き・溝の深さを計算して、80%と予測しています。

また定期的に調べているので、他の予言者より信頼できます。

イルミナティカードの予言

▼イルミナティカードについて

アメリカのカードゲームで、色んな予言が書かれています。基本的にオモチャですが、色んな予言を的中させています。なのでバカにできません。

▼トランプ大統領に似たカード

特に有名なのは、トランプ大統領の当選です。画像を見ると、トランプ氏に似たカードが出てますね。

このカードは、1994年に作られたもので、トランプ氏はまだ大統領になっていません。

しかもカードには、「いい加減にしろ」と書かれており、トランプ氏のセリフとほぼ同じです。偶然かと思いますが、予言は的中しました。

▼南海トラフのカードも出ている

上の画像を見ると右下に、日本のカードが出ています。よく見ると遺影のようになっており、日本列島が分断されてます。

おそらく南海トラフの事でしょう。南海トラフが来たら、死者が32万を超え、経済的に大打撃を受けます。全てが崩壊するので、日本は終わりを迎えます。

▼カードの予言について

2019年に南海トラフの発生率が80%になりました。やはりこのカードの予言は当たりそうです。今私たちにできることは、備えることでしょう。備えておけば、いつ地震が来ても大丈夫です。

アメリカのFBI捜査官の予言

2018年9月、アメリカのFBI捜査官は
7か月以内に南海トラフが来ると言ってます。

あれからだいぶ
経ってるので、そろそろ来るかもしれない
私的に12月~5月が怪しいです。

あと震災後は、お店に人が殺到して
水・食料がすぐ無くなります。

しかも停電が起きて、夜が真っ暗になるので、かなり辛い。

そこに大きな余震が来れば、トラウマになります。

熊本地震では、夜中にM5の余震が何度も来ました。

家中揺れて怖かったです。

▼防災グッズを備えよう

私はいつ来てもいいように防災グッズを備えています。今は必要ありませんが、あると無いとでは、全然違います。最低でも飲み水・乾パンは備えておきましょう。

私が備えてる物一覧【一部だけ公開】

・給水用ポリタンク【水道水をためておくと災害時,生活用水に使えて便利】

・ダイソーのLEDランタン【結構明るいので、あると便利。キャンプでも大活躍^^】

・レトルト食品【最低3日分は備えておきたい】

▼震災後は断水が起こる

震災後は必ず断水します。給水場に人が殺到するので、30分以上待たないといけません。ポリタンクを2~3個持っていけば、家族分の水を給水できます。ポリタンクは、必ず必要なので、備えておいてください。

・これ、散々来る来る言われてるのに、対策してる人全然いないだろうな。

・ハワイ島キラウエア火山の大噴火から数ヶ月~1年の間に南海トラフ地震が起きると言われてます。
今までの南海トラフ地震も殆どキラウエア火山噴火の後だったと言われてます、間もなくかも…

・地震大国である日本。避けては通れないでしょう

・怖いですね!
もしかしたら、意志を持っている地球さんが、調子に乗っている人類を潰しにかかっているのではないかと思ってしまいました。

そこでふと思ったのですが、ノアの大洪水は、神の怒りではなく、地球の怒りなんじゃないかと思っちゃいました。

ちなみに
熊本地震は、発生率1%で
起きました。

なので1%でも油断できません

多くの予言者は、2019年と言ってます。

7ヶ月以内に南海トラフだって? はぁ、さよなら私の人生…(´;д;`)

30十年以内に南海トラフの地震がくるのが70~80%やって。 こわいなぁ

★過去に起きた南海トラフ地震

684年11月29日  白鳳(はくほう)地震【日本書紀による日本最古の津波記録】

887年8月26日   仁和(じんな)地震【M 8.0〜8.5、京都・摂津を中心に死者多数】

1096年12月17日 永長(えいちょう)地震

1099年2月22日  康和(こうわ)地震

1361年8月3日   正平(しょうへい)地震

1498年9月20日  明応(めいおう)地震

1605年2月3日   慶長(けいちょう)地震

1707年10月28日  宝永(ほうえい)地震

1854年12月23日 安政東海(あんせいとうかい)地震

1854年12月24日 安政南海(あんせいなんかい)地震

1944年12月7日  昭和東南海(しょうわとうなんかい)地震

1946年12月21日 昭和南海(しょうわなんかい)地震

歴史が進むにつれ
起きる回数が増えています!
1900年は1か月に2回起きてる!これはヤバいな!

過去12回の発生月を見てみると、11月~12月が6回と一番多いのが分かります。割合にすると実に50%!

12月はクリスマスや冬休みと楽しいイベントが多い時期ですが、ちょっと注意しないといけませんね。

出典天気のあれこれ♪

南海トラフが来るのは2018~2019年と言われている
なので12月に来てもおかしくない

熊本地震は7、3でした。
電気が止まったり、断水するので
しばらく不便になります。

7,3だとこうなる
・古い家は崩壊する
・一部の道路は、陥没する
・土砂崩れが起きる
・M5~6の余震がしばらく起きる

耐震住宅は、簡単に崩れません。

南海トラフは、8~9なので
避難所も崩れそう
シェルターがある人は、大丈夫です。

1 2 3 4 5