1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

nomado-kimocさん

グーグーだって猫である

愛猫の死を通して考えさせられる、生きることの孤独や切なさ、そして命の輝きやいとおしさをおだやかな時間の中でみせてくれる。

芸能活動最終日 いよいよ「グーグーだって猫である」が公開になりました。 初日には、大勢の方が見に来てくださり、嬉しかったです。 この映画はベテランの方々との共演が出来たので、 最高の思い出になりました。皆さん、ぜひ見てください! (直次郎・2008年9月)

そうそう。グーグーだって猫であるに出てる、宮沢りえさんと市川実和子さんの高校生役の2人が凄く可愛くて雰囲気あって良かったなぁ。

先生と迷い猫

とある商店街に住みつくも、ある日行方不明になった三毛猫ミーちゃんと街の人々の姿を描いたノンフィクション「迷子のミーちゃん〜地域猫と商店街再生のものがたり」。

同作を原案に、イッセー尾形演じる妻を亡くした元校長と地域猫ミイとの交流がつづられるヒューマンドラマ。

映画「先生と迷い猫」気持ちがわかりすぎるくらいわかるーー。「植物図鑑」有川浩さん原作の映画。鑑賞。Amazon primeのオススメであったから偶然見た映画だけど、どちらも喪失と再会の物語だった。有川浩さんは神戸のクリスマスツリー… twitter.com/i/web/status/9…

映画「先生と迷い猫」観てる。野良猫問題について考えさせられる話。

映画「先生と迷い猫」を見た。じんわり暖かいラストに涙。以前可愛がっていた野良猫が姿を見せなくなって、近所の餌やりさんと一緒に探したのを思い出す。

猫侍

“百人斬り”と怖れられた幕末の浪人剣士(北村一輝)が愛らしい猫・玉之丞と出会ったことで、その生き方を変えていく姿をコミカルに描く。

映画「猫侍」のエンディング曲は真心ブラザーズの"I'm so great"だった❗youtu.be/daKbT1rrObc

私眠りが浅くて早く起きてしまった時猫i侍映画をみたんですけど、んんんねこしゃんせかいすくっちゃいましたねーんんーかわゆいでちゅねー!!ってるよ。ああいう映画ほんとだいすき。疲れない映画とか好きです。B級映画とか。

ねこタクシー

『幼獣マメシバ』の亀井亨監督による、猫と人間の友情をテーマにした心温まるヒューマン・ドラマ。

万年ダメオヤジが運命の猫と出会うことによって勇気と元気をもらい、新しい人生を切り開いていく姿を優しく見守る。

「ねこタクシー」観ました。日本の映画人って、正直全然予算とかないんやろけど、あれだけ良質の映画をつくっちゃうっていうのがスゴいな。鶴田真由や内藤剛志がしっかりワキを固めて素晴らしい。

猫なんかよんでもこない

冴えないボクサーと2匹の猫が織り成す可笑しくも切ない日常をつづった杉作による実話コミック「猫なんかよんでもこない。」を実写映画化。

1 2