1. まとめトップ

【ポケモンGO】レイド対策 ~グラードン編~

ポケモンGOに登場するグラードンのレイド対策をまとめました。

更新日: 2018年01月06日

0 お気に入り 1718 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

as828さん

ポケモンGOレイド対策 グラードン編です。

グラードンの出現期間

トレーナーの皆さん、伝説のポケモン「グラードン」がレイドバトルに出現中です!「グラードン」は、大地の化身といわれ、大陸を広げたポケモンとして語り継がれている「じめんタイプ」の伝説のポケモンです。 強大な「グラードン」にレイドバトル… twitter.com/i/web/status/9…

12/16(土)のAM8:00頃から、各地のレイドにて出現中!2018年の1/15(月)まで出現するようなので、忘れずにゲットしておこう。

概要

ホウエン地方の伝説のポケモン。
陸地を生み出したポケモンとされ、かつて長期にわたって降り続いた大雨を光と熱で蒸発させ、水害から人々を救ったという伝説がある。
また、同じく神話に出てくるカイオーガと長きにわたって戦いを繰り広げて、死闘の末、地下マグマに眠りについたともされる。
但し、これらの伝説について増田氏は「舞台の星は天変地異によって形成された」「二匹の戦いは古代人の創作」と断言している。

ポケモンGOでは

その性能は今までのじめんタイプを大きく上回る超絶スペック。
こうげき・ぼうぎょが高く、最大まで強化すればCP合計があのミュウツーを上回る。
攻撃の種族値がべらぼうに高い(何と全ポケモン中第4位)ため、じめん技が等倍以上で通る相手であれば普通にゴリ押しで倒せてしまうことも。特に天候ブーストが適用される晴天時にはとてつもない火力で相手を次々になぎ倒していくグラードンの姿を拝むことができる。
さすがは伝説ポケモンといったところか。

天候が晴れのときのグラードンは強い

グラードンが覚える技のタイプは、天候が晴れの時に強化されるタイプ(ほのお、くさ、じめん)が多い。そのためレイドバトルをするときに天候が晴れだと、グラードンの技が強化されて倒すのが困難になってしまう。

「晴れ」の時には通常よりレベルが高くなるので、倒すのが大変な分もし捕まえられれば即戦力として使えるのが非常に嬉しいところ。
じめんタイプの中では数少ないエース級の活躍ができるポケモンなので、捕まえたら大事に育ててあげよう。

グラードンの弱点

弱点は「くさ」「みず」「こおり」タイプの3つで、二重弱点は持ちません。

「くさ」「みず」タイプのポケモンは手に入れやすいので、弱点を突くのには苦労しなさそうですね。

ゲージ技に注意

ゲージ技が多彩なせいで、迂闊にくさで挑むと「だいもんじ」、みずで挑むと「ソーラービーム」で吹き飛ばされてしまう。レイド待機中に自動で選ばれたポケモンから持ち技を推理する必要がある。
しかも前述のとおり、こいつのゲージ技は全て天候が「晴れ」の時に強化される。強化された場合、弱点を突かれなくても等倍ダメージでは一撃耐えるのも難しい。

おすすめのポケモン

新技「たきのぼり」を習得して、一躍水ポケモンのトップクラスに躍り出たギャラドス。

飛行タイプと水タイプを併せ持ち、「じしん」「だいもんじ」のダメージを大きく軽減できることから、対グラードンの適性はバッチリです。

「ソーラービーム」は等倍のダメージとなるためやや厳しいですが、それでも1発は耐えきるケースもあるでしょう。

ホウオウはグラードンのすべてのゲージ技に耐性があり、安定感が抜群なポケモンです。
加えてホウオウは「ソーラービーム」でグラードンの弱点を突くことも出来るため、相性は抜群です。

ホウオウはグラードン対策のために生まれてきたポケモンと言っても過言ではないくらい、自身の耐性と覚える技がかみ合ったポケモンです。

ナッシーは高い攻撃力から、グラードン相手に大きなダメージを与えることが出来ます。

しかし「だいもんじ」なら即死、「じしん」「ソーラービーム」も決して小さくないダメージを受けてしまうことから、場に居られる時間は少ないと思われます。

晴れブーストがかかっている時のナッシーの攻撃力は他の比にはならないほど高いので、晴れの時は積極的に選出したいところです。

同様の理由で、「フシギバナ」もナッシー同様アタッカーとして活躍は出来そうです。

伝説ポケモンのフリーザーは、氷タイプの技でグラードンの弱点を突けます。

さらに「じしん」や「ソーラービーム」といった技に対する耐性も優秀なので、積極的に選出したいポケモンですね。

フリーザーはなかなか対策ポケモンとして名前が挙がりづらいポケモンでしたが、グラードンには性能を発揮できるポケモンと言えそうです。

覚える技構成がすべて水タイプのため、グラードンの弱点をきっちりとつける。
晴れのソーラービームでは一撃で落ちてしまう可能性もあるので、回避して戦いたい。

アタッカーとしてお馴染みのカイリューは、グラードン戦でも活躍が期待できます。

グラードンの弱点を突けない、という点では他のアタッカーには少し劣りますが、グラードンに対する各ゲージ技の耐性が優秀です。

上記のポケモンたちを使い切った時の穴埋め要因としては、十分な性能を発揮できるでしょう。

ネットでは

グラードン対策にソラビナッシーをたくさん作れと言う御告げでしょうか。。。w どれも個体値いまいちでしたけども。。。 pic.twitter.com/eQblnXacGv

1 2