フライアウトのリスクを負ってでも、よりいい打ち出し角度にするためアッパースイングにし、強いスイングで長打の確率を上げるという考え方が、メジャー球界で浸透。今季のメジャーリーグの総本塁打数6105本は、史上最多となった。

出典ソフトBアッパー柳田 マエケン太鼓判 新人王ベリンジャーもフライ重視 「ゴロ打つな」川崎助言で今季序盤不振脱出 - ホークスニュース - 西日本新聞

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

柳田悠岐のV字打撃理論がスゴい!ホームランを打つ方法まとめ【フライボール革命の実践】

2017年、フライボール革命を実践して大活躍したソフトバンクホークスの柳田悠岐選手。その打撃理論の極意をなんとYouTubeで語っています。その内容をまとめてみました。

このまとめを見る