1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

メダル獲得を期待しちゃうよ!平昌五輪注目の日本女子代表5人

いよいよ来月開幕の平昌オリンピック。選手の活躍が楽しみですね!メダルの獲得も期待できる女子アスリートを見逃さないでね!高梨沙羅、小平奈緒、高木美帆、鬼塚雅、小野塚彩那

更新日: 2018年01月10日

3 お気に入り 8364 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinkswan999さん

◎ワクワクする!冬季オリンピックが始まるよ。

第23回冬季オリンピック競技大会は 韓国の平昌で2018年2月9日(金)に開会式を迎え17日間で7競技102種目を行い2018年2月25日に閉幕。

韓国としては、1988年のソウル夏季オリンピック以降、30年ぶりに開催される大会で、初の冬季大会でもあります。

オリンピックメダルはひとつになった情熱(Passion.Connected)のためにその間に汗を流した選手と参加者達の努力が込められた結実です。

▼実績は十分!スキージャンプ高梨沙羅選手

北海道出身の高梨選手はワールドカップ(W杯)で4度の個人総合優勝を誇り、来年2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪でも金メダル候補に挙げられている。

高梨選手はワールドカップ(W杯)ではシーズンを通して戦う安定感は抜群だが、オリンピックと世界選手権(個人戦)の大舞台では勝てていない。 克服できるだろうか?

一番高い表彰台から遠ざかったままだ。あと1勝に迫った歴代単独最多の54勝目は2018年まで持ち越しになった。

前回のソチ五輪での悔しさを跳ね返したいと思っているので、今までやってきたことを信じて最後は楽しく飛びたいです。

女子スキージャンプがソチでメダルを取る確率は?いよいよ期待が高まるソチオリンピック。気になるのはやはり日本人選手のメダルです。中でも注目の筆頭は、高梨沙羅選手。サマーグランプリでも総合優勝を獲得しています。...80.00%

▼500・1000Mでは敵なしか。スピードスケート、小平奈緒選手

スピードスケートのワールドカップ(W杯)女子500メートルで今季8戦全勝を挙げ、2季ぶりの種目別優勝を果たした小平奈緒選手。

2017年2月9日から12日まで開催された世界距離別選手権の舞台は平昌五輪の本番会場。小平はそこで500mで金メダル、1000mで銀メダルに輝いている。

金メダルを有望視される小平は「これまで積み上げてきたものを出し切ること」と本番への決意を述べた。

t.asahi.com/o8ie スピードスケートの女子500メートルでは、五輪代表を確実にしている小平奈緒選手が37秒13の国内最高記録で優勝しました。(長) #スピードスケート #スケート #小平奈緒 pic.twitter.com/ChiBVFdhYt

(´・エ・)女子短距離の小平奈緒選手はメダルの筆頭格。また団体追い抜きも楽しみ。韓国はスケート種目が強いから、開催国として負けられないという気持ちで来るだろうし、なおさら白熱する試合を見られそう。

▼団体でも期待スピードスケート、高木美帆選手

高木美帆選手は、1,000メートル、1,500メートル、3,000メートルに加え、世界記録を持つ団体追い抜きの、4種目での代表入りとなった。

今季W杯は1000メートルで優勝1回、3位1回。1500メートルで優勝1回、3位1回。3000メートルで3位1回。団体追い抜きで優勝2回、2位1回。

本命の1500メートルでは、団体追い抜きとともに、金メダル候補に浮上した。

「団体追い抜きでは金メダルを狙い、個人種目でも今まで以上の戦いができるように」と頂点をにらんだ。

1 2