1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

紅白で欅坂46メンバーが倒れた理由に…「過呼吸」の原因と対処法

2017年末の「第68回紅白歌合戦」でメンバーが倒れるアクシデントがあった欅坂46。その後、原因は過呼吸だったとあかされ、倒れたメンバーも回復していますが、この「過呼吸」とはどんなものなのか?その原因と対処法をまとめました。

更新日: 2018年01月07日

25 お気に入り 107546 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

・2017年末の「第68回紅白歌合戦」でメンバーが倒れるアクシデントがあった欅坂46

【紅白】欅坂46メンバー、ネットで心配の声相次ぐ news.livedoor.com/article/detail… 決めポーズの際に倒れたかのような場面が映し出され、「倒れたりけいれんするなんて」「欅坂は頑張りすぎてる」と心配の声が飛び交った。 pic.twitter.com/rMLKUFwRlx

昨年大みそかの「NHK紅白歌合戦」では、人気アイドルグループ・欅坂46のメンバー3人がパフォーマンス後に倒れ込むアクシデントがあった

総合司会の内村光良と「不協和音」をコラボレーションした直後に、鈴本美愉が倒れると、センターの平手友梨奈は手をけいれんさせ、メンバーに寄りかかるように崩れた。さらに、志田愛佳も同様の症状を訴え、3人はほかのメンバーに抱えられながら退場し、ステージを後にした

逆三角形状のフォーメーションになり、内村が「みなさんも夢を歌いましょう!」と叫び、全員で決めポーズをとったときだった。左側中段の列にいた鈴本が倒れるようにあおむけになった

・その後、原因は過呼吸だったとあかされ、倒れたメンバーも回復している

紅白で倒れた欅坂46鈴本美愉、ブログで謝罪と回復報告「たくさんの方々にご心配とご迷惑を…」 dlvr.it/Q8yZpD #芸能ニュース #スポーツ新聞 pic.twitter.com/ml1iVk8eUw

欅坂46は激しいダンスパフォーマンスで知られる。紅白現場の関係者らによると、「過呼吸のようだ。救急車を呼ぶような事態には至っていない」という

NHK広報部によると、鈴本、平手、志田の3人が過呼吸になり、「現場で待機していた看護師の手当てにより、3人とも回復に向かっています」と説明。レコード会社関係者も報道陣に「紅白にかける思いが強すぎて、このような症状になった」と話した

鈴本美愉は、1月5日、公式ブログで「お陰様で回復して元気になりましたのでご安心下さい」体調の回復を報告。グループの公式ツイッターでは、1日未明に3人も笑顔で写ったメンバーの集合写真をアップしている

皆さん、あけましておめでとうございます! 本年も欅坂46・けやき坂46の応援、どうぞよろしくお願いいたします! 写真はNHK紅白歌合戦を終えたメンバーです! #欅坂46 #けやき坂46 pic.twitter.com/Xngdm1sghp

・この「過呼吸」とは?

過剰な呼吸を行うこと。何らかの原因によって、必要以上に呼吸を行うこと

過呼吸とは、医学的に言うところの過換気のこと。呼吸をして体に酸素を取り入れ、二酸化炭素を吐き出す「換気」が過度に行われることを指す。頻繁に過換気を起こす場合は、過換気症候群と診断される

・二酸化炭素が減少することにより様々な症状が

体には二酸化炭素が必要なので、「息を止めて二酸化炭素が出て行かないように」と脳が指令を出すのですが、「息苦しい」という思いから必死に息を吸おうとしてしまう。これが過呼吸の状態

身体の中で急激に二酸化炭素が減少することにより、血管内のカルシウムイオンがアルブミンと結合して、見かけ上のカルシウムが減少することにより、手足の筋肉が硬直してしまい、更に不安がまして、呼吸回数が増え、さらに二酸化炭素が身体から出て行ってしまうという悪循環に陥ってしまう

血液中の酸素と二酸化炭素のバランスが崩れ、酸素過多になり、二酸化炭素不足となる状態。呼気からの二酸化炭素の排出が必要量を超え動脈血の二酸化炭素濃度が減少して血液がアルカリ性に傾くため、息苦しさを覚える。そのため、無意識に延髄が反射によって呼吸を停止させ、血液中の二酸化炭素を増加させようとする

酸素を吸い、二酸化炭素を吐くことで呼吸をしている。この呼吸などの働きによって、血液の水素濃度はpH7.35~7.45に保たれている。ところが、過呼吸になって1回あたりの呼吸による換気量が増えてしまうと、血液の水素濃度がpH7.45以上になってしまう。この状態は身体がアルカリ性に傾いた状態で、これによって身体にいろいろな症状が現れるようになる

・原因は?

「過呼吸」は、過度な緊張や不安、またパニック障害など精神的な理由によって引き起こされると考えられている

過呼吸・過換気症候群は、身体的な異常で生じるものではないため、身体の異常は何もありません。原因は精神的ストレスによる自律神経系の異常

頻繁に過換気を起こす場合は、過換気症候群と診断される。その場合の発症原因のほとんどは、不安や興奮、ストレスといった心因的要因にあり、パニック障害の一症状として扱われることも少なくない

・症状は?

過呼吸では、まず呼吸困難の発作を感じます。また、息苦しさの他には、手足や口の周りの痺れ、けいれんが現れます

1 2