1. まとめトップ

【完全保存版】色んなところで話題になっている #仮想通貨 とは?よく耳にする #ビットコイン って?

【完全保存版】いろんなところで話題になっている「仮想通貨」とは?よく耳にする「ビットコイン」って?仮想通貨からビットコイン、代表的なアルトコイン、国内外の仮想通貨取引所、仮想通貨の税金周り(個人・法人)、無料でビットコインを手に入れる方法、仮想通貨のリスク、仮想通貨の今後などをまとめてみました。

更新日: 2018年01月24日

2 お気に入り 17747 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shito_teiさん

- 仮想通貨とは?

仮想通貨(かそうつうか、英語: virtual currency)は、法定通貨に対して特定の国家による価値の保証を持たない通貨のこと。

- ビットコインとは?

ビットコインとは何か、ひとことで言えば「仮想通貨」です。「仮想」の「通貨」です。まず、「通貨」ということからも、「コイン」ということからも分かる通り、ビットコインはお金です。円やドルというように、「お金」であることには変わりありません。「お金」なので、円やドルのように通貨の単位が存在します。ビットコインの単位は、BTC(ビーティーシー) と表記されます。1円や1ドルのように、1BTC(1ビットコイン)と、数えることができます。

- ビットコイン以外の代表的な仮想通貨(アルトコイン)

アルトコインとは、Alternative Coin(代替のコイン)の略で、ビットコイン以外の暗号通貨(価値記録)の総称です。ほとんどのものはビットコインを元にしたものであり、根本的な仕組みはビットコインと変わりません。

リップル(Ripple)

イーサリアム(Ethereum)

仮想通貨としてのイーサリアム(Ethereum)の通貨単位はイーサ(Ether)ですが、それ以外にユーザが独自に定義した契約(スマートコントラクト)・財産を扱うことができる柔軟性の高い仮想通貨です。

- どこで買えるの?テレビCMなどでも話題の仮想通貨取引所3選

主な海外の仮想通貨取引所

- 仮想通貨の税金周り

ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。 このビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。

ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係

個人の場合の税金周り

仮想通貨の取引を始める人が増える一方で大きな課題となりそうなのが、税金の問題だ。法整備が追いついていないことに加え、対応できる税理士も多くないのが現状。確定申告でどうしていいかわからず困っている人もいるだろう(仮想通貨の売却や使用により生じた利益は原則として雑所得に区分されるため、年間で20万円以上の所得を得た場合には確定申告が必要)。

1 2